【閲覧注意】史上最悪、ロストフの殺人家族「ポドコパエフ一家」! 眼球くり抜き、少女拷問、メッタ刺し…13歳娘も殺人鬼に!

 ロシアのポドコパエフ一家は、史上最悪のシリアルキラー家族と言われる。一家は、2007年から2013年の間の6年間に30人以上を襲い、殺害した。

 

■史上最悪のシリアルキラー家族「ポドコパエフ一家」

 ポドコパエフ一家のメンバーは、妻のイネッサ・タルヴェルディエワ(46=逮捕時、以下同)、2番目の夫であるローマン・ポドコパエフ(35)、最初の夫との娘ヴィクトリア(25)、アナスタシア(13)だ。

 家族はロシア、カリーニングラード州の農村地域の小さな村に住んでいて、中流階級の「ごく普通の」家庭であったという。警察によるとイネッサとローマンは、どちらも高等教育を受けており、イネッサは元保育士、ローマンは歯科医であった。しかし一家は移動しながら、数えきれないほどの強盗や殺人を重ねた。

元保育士のイネッサは、どのように銃を使って犠牲者を殺したかを警察に示した 「Daily Mail」の記事より

 調査委員会のスポークスマンは、一家には少なくとも20件の殺人、2件の殺人未遂、10件の強盗および60件の窃盗の疑いがあると語り、全てはここでは書ききれないほどの犯罪を重ねている。

 しかし、その中でも彼らの残虐性をよく示す事件がある。その事件では、一家は知人夫婦の家を襲った。

 一家は知人夫婦の趣味が狩猟で、家に多くの銃があることを知っており、その銃器目当てで強盗を企てた。しかし夫妻は留守だったので、イネッサ一家は家の中に隠れて彼らが帰ってくるのを待った。すると、夫婦の娘と彼女の友人が帰ってきたので、10代の少女2人を拷問して、目をナイフでくり抜いた。イネッサはその娘の名付け親だったという。

 また他の犠牲者には、警察の特殊部隊隊員であったドミトリ・チュダコフ、彼の妻イリーナ、彼らの子どものヴェロニカ(11)とサーシャ(7)もいた。車の中で休憩していた夫婦と息子は自動小銃で撃たれ、娘のベロニカは37回もナイフで刺されていた。一家は車からラップトップ、ヘアドライヤー、カメラを盗んだが、宝石類には手を付けなかった。

 また一家は武器を盗む目的で、6人の警官を殺している。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?