7月10日は元アイドル歌手の甲斐智枝美が自宅で首吊り自殺をした日!

7月10日は元アイドル歌手の甲斐智枝美が自宅で首吊り自殺をした日!の画像1
(写真は甲斐智枝美『スタア』のジャケット。1980年/発売・ビクター)

『甲斐智枝美のデビューシングル「スタア」のレコードジャケット』

 2006年7月10日は、元アイドル歌手で女優としても活躍した甲斐智枝美が千葉県の自宅にて首吊り自殺をした日である。


 1979年に当時の人気オーディション番組『スター誕生!』で第29代グランドチャンピオンを獲得し、翌1980年に『スタア』で歌手デビュー。


 同期デビューには、松田聖子、岩崎良美、河合奈保子、柏原芳恵、三原順子、田原俊彦らの錚々たる大物が並んだ世代であり、その中で甲斐はヒット曲には恵まれなかったものの、主役に起用されたドラマ『見上げればいつも青空』など、女優業で活躍をみせた。


 1990年に堀越学園時代からの友人であった元「ザ・スクエア(現T-SQUARE)」のドラマー、長谷部徹と結婚し芸能界引退。


 その後二人の息子を出産し、幸せな家庭を築いていたとみられていた。


 そんな中、二階の寝室で首吊り自殺をしている甲斐を発見したのは、起きてこない母親を心配した当時中学三年生の長男であっという。


 一説には心不全などを患っていた体調を苦にしての自殺とも言われているが、その真相は不明である。


 晩年も元所属事務所のホリプロは熱心に甲斐の復帰を呼びかけており、そのタレント性は引退後も高く評価されていたようだ。


 果たして、死を決意したその瞬間にあったのは、ひとりの母としての苦悩であったのか、それとも、かつて望んだ「スタア」としての苦悩であったのだろうか——。

 

<7月10日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ