コカ・コーラの味は「地域と店」ごとに違っている!? 激ヤバ都市伝説を入手… 一番美味しいコーラが飲める店も判明!

コカ・コーラの味は「地域と店」ごとに違っている!? 激ヤバ都市伝説を入手… 一番美味しいコーラが飲める店も判明!の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 突然だが、読者諸賢はコカ・コーラの味について、飲む場所や方法(ビンかペットボトルか等)によって異なると感じたことはないだろうか? 筆者の周囲に聞いてみると、意外にも同様の感想を抱いていたという人は多いようだ。

 コカ・コーラは、マクドナルドなどと並び米国発の世界的食品ブランドとして各国で圧倒的認知とシェアを誇ることから、米国が一貫して推し進めてきたグローバル経済のシンボル的存在と捉えることもできる。であるならば、「日本であろうがイラクであろうが、世界のどこで飲んでも同じ味のはずだ」という分析は極めて論理的といえる。だが、実際にプロダクトを口にした人間の感覚として、「味が異なる」と思うことがあるのだから不思議だ。

 ちなみに、公式情報によるとコカ・コーラの製造は次の通りだ。まず、本家本元のThe Coca-Cola Companyが調製したコーラの原液が世界各地のボトリング会社へと送られ、現地パートナー(日本ではコカ・コーラボトラーズジャパン株式会社など)によってコーンシロップや砂糖などで薄められ、さらに炭酸水で割られて、瓶やペットボトルなどに詰められて出荷される。その風味は完全なるトップシークレットとされ、成分を知っているのは米国本社の最高幹部のみ。つまり、風味の決定権はごく僅かな人間によって完全掌握されているのだ。

 ということは、コカ・コーラの「味が異なる」問題の真相は基本的に誰にもわからない。一人ひとりの主観に委ねられているとしか言えないのか――と思いきや、トカナ編集部は衝撃的情報を入手した!

コカ・コーラの味は「地域と店」ごとに違っている!? 激ヤバ都市伝説を入手… 一番美味しいコーラが飲める店も判明!の画像2
画像は「The Coca-Cola Company」より引用

 なんと、コカ・コーラは世界各国の市場特性、嗜好、文化的背景など、さまざまなバロメータを知り尽くし、出荷地ごとにもっとも受け入れられるように原料の調合を微妙に変化させているという噂がまことしやかに囁かれているらしいのだ。しかも、この噂によれば、同じ出荷地であっても納入先によって味を変えることがあるという。つまり、レストランAで飲むコカ・コーラと、コンビニBで買ったペットボトル(500ml)のコカ・コーラとでは、わずかに味が異なるらしいのだ。

 ちなみに、本情報を届けてくれたのは、世界を股にかけて活躍する“その道で知らぬ人はいない”ほどの超大物であり、トカナ編集部が絶大なる信頼を寄せる存在X氏である。真相をさらに問い詰める編集部に、X氏は次のように語った。

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ