7月11日はオーストラリアの先住民イェーガンが入植者に撃ち殺された日!

7月11日はオーストラリアの先住民イェーガンが入植者に撃ち殺された日!の画像1
(画像はWikipedia Yagan より。Public Domain )

『イェーガンの肖像』ジョージ・クルックシャンク画

 1833年7月11日は、オーストラリアのヨーロッパ陣による入植と戦った先住民族ヌンガー族の戦士であるイェーガンが、撃ち殺された日である。


 逮捕後の脱獄、そして襲撃と、入植者たちに対して度重なる抵抗を見せていたイェーガンには、当時の金額で30ポンドが賭けられていたため、キーツ家の少年達(18歳の兄ウィリアムとと13歳の弟ジェームズ)は、追われていたイェーガンにかくまう旨を伝えて騙し討ちを図り、銃殺することに成功した(兄ウィリアムはイェーガンの槍で死亡)。


 しかしその卑怯なやり方は入植者たちの間でも非難を集め、キーツ家はほどなくしてオーストラリアから姿を消すことになったという。


 そして遺体から切り取られた首はその後、数奇な運命を辿ることに。


 歴戦の勇士・イェーガンの首をどこかで展示した方がよいと考えた入植者のジョージ・フレッチャー・モーは、その首を約3カ月間ユーカリのチップでスモークし、燻製とした(クルックシャンクの肖像画は燻製後のもの)。


 そして、イギリス陸軍中尉であったロバート・デールによって本国に持ち出された首は、外科医のトーマス・ペティグルーによって《見世物》として公開され、以降、その劣化が激しくなった1964年まで“文化人類学上の珍品”として展示されていたと言われている。


 その後は無縁仏としてリヴァプールの地に埋葬されたイェーガンの首であったが、ヌンガー族の訴えによって1997年に返還された。


 だが、部族間で論争が分かれたこともあり、再び埋葬をするまでに10年以上の時間の争いがあり、2010年になってようやく埋葬されたのだ。


 その戦士としての誇り高い頭部が無事に埋葬されるのには、胴体から切り取られてから、180年もの時間が必用だった。

 

<7月11日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ