7月13日はメキシコを代表する画家フリーダ・カーロが死亡した日! 精神的荒廃、自殺願望を乗り越え、タブー作品を多数発表

7月13日はメキシコを代表する画家フリーダ・カーロが死亡した日! 精神的荒廃、自殺願望を乗り越え、タブー作品を多数発表の画像1
(画像はWikipedia Frida Kahloより)

『イバラとハチドリのネックレスを付けたフリーダ・カーロの自画像』1940年

 1954年7月13日はメキシコを代表する画家、フリーダ・カーロが死亡した日である。


 この作品は、夫である画家のディエゴ・リベラとの離婚、写真家のニコラス・ムライとの失恋をした時期に描かれたもので、イバラがその首筋に食い込み、死んだハチドリを身に付けていることからもわかるように、私生活での精神的荒廃がそのまま現われた痛々しいものであるといわれている。


 このエピソードからもわかるように、フリーダ・カーロは自らの人生の体験を作品に投影し、夫の浮気、離婚、不妊体質等、当時の世界では、特に女性としては、“表現すること自体がタブー”とされるようなジャンルに踏み込んだ作品を数多く発表したアーティストなのである。


 晩年は度重なる浮気で離婚したリベラと再婚し、その精神を安定させることに成功したというが、その時は既に、身体が悲鳴を上げていたのだろう。


 右手は急性真菌性皮膚疾患なる病のために絵を描くこともままならず、右足も血行障害の後に切断している。


 自殺への葛藤もあったようだが、最後まで生き抜いて死亡したフリーダ。


 その作品は、『青の家』と呼ばれた終の棲家『フリーダ・カーロ記念館』(メキシコシティ)にて、現在も展示されている。

 

<7月13日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ