【閲覧注意】病んだ男が路上で切腹 → 自ら腸を引きずり出す! あまりの狂気に誰も近づけず=ベトナム

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】病んだ男が路上で切腹 → 自ら腸を引きずり出す! あまりの狂気に誰も近づけず=ベトナムの画像1画像は、「Kaotic.com」より

 精神病患者や薬物中毒者の中には自傷行為に走る者も少なくない。彼らは痛みを感じないのか、自らの体を切り刻んで平然としている。そんな危険人物の姿をとらえた動画が海外の過激動画共有サイト「Kaotic.com」で公開されている。

 ベトナムで撮影されたという動画に映っているのは、自らの腹をナイフで裂いて腸を引きずり出す男性の様子である。彼は街中をふらふら彷徨いながら、立ち止まっては切腹を繰り返す。周囲の人々は遠巻きに眺めるだけで、あまりの狂気に誰も近づけないようだ。別アングルから撮影された動画では、男性は塀に寄りかかって苦しそうにしている。彼は精神を病んでいると見られているが、この後どうなったのかなど、詳細は不明である。

 日本では、「切腹」というと武士の潔い死を連想させる。一方、海外の切腹は、この動画のような鬼気迫るものであり、まともな精神の持ち主は決して行わない。時期は古いが、2012年5月に米ニュージャージー州ハッケンサックでも類似の事件が起こったので紹介しよう。

 ウェイン・カーターさん(当時43)から通報を受けた警官は、家具で塞がれていたドアを蹴破って、カーターさんの部屋に突撃した。カーターさんは12インチのナイフを持って部屋の隅にうずくまっていた。立ち上がったカーターさんは警官に向かって叫び、自分の全身をナイフで突き刺し始めた。カーターさんの腹部には傷があり、腸が飛び出していた。

 警官がカーターさんに近づこうとしたとき、カーターさんは自らの腸の一部を投げつけたという。警官は、ナイフを振り回すカーターさんに催涙スプレーを浴びせたが、効果はなかった。最終的にはSWATチームが応援で駆け付け、血まみれになりながらカーターさんを取り押さえた。カーターさんは病院へ搬送され、緊急手術を受けた。警察によると、この事件の前にも、カーターさんは精神的な理由で病院に連れて行かれたことがあるという。

 公衆の面前で切腹している者を見かけても不用意に近づかず、すぐに警察に通報したほうが無難かもしれない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【閲覧注意】病んだ男が路上で切腹 → 自ら腸を引きずり出す! あまりの狂気に誰も近づけず=ベトナムのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?