大阪・ミナミ発「元国民的アイドルX」に薬物疑惑が浮上! 芸能人オーラ抜群なのに薬物で妙なテンション… 目撃多数!

画像は「Getty Images」より引用


 大阪・ミナミにあるバーの黒服から、国民的人気女性アイドルグループの元メンバー、Xの“クスリ”にまつわる目撃情報が寄せられた。

 Xは人気アイドルグループのメンバーとして数年間活動し、脱退後もバラエティ番組を中心に映画、舞台など幅広く活動しているタレントの一人である。だが、Xのクスリ疑惑は今に始まったことではないという。

「先日逮捕され、処分保留で釈放された元メンバーとも仲が良く、一緒に遊び回っていたのがXです。その当時から素行の悪さは注目されていましたが、とうとう目撃情報が複数出ましたか」(芸能記者)

 Xに一体何があったのか。証言者の黒服A氏は次のように語る。

「ミナミのクラブは非常にセキュリティが高いことで知られています。入り口や抜き打ちで持ち物検査が行われているので、クラブで薬物の売買や摂取などをすることは今はもう、ほぼ不可能になっています」(ミナミの黒服A氏)

 しかし、それはあくまでもクラブのことである。一歩外に出れば、セキュリティの高いバーなどで、クスリの売買や摂取が行われているという。

「今、ミナミは半グレもヤクザも少なく、店を間違えさえしなければかなり安全に遊べる街になっています。その中でも、芸能人が多く集まることで知られている某バーは、VIPルームのセキュリティが非常に高いことで有名です。最近そのVIPルームでは、Xが男と一緒に合成麻薬MDMAなどをキメて、いちゃついてる姿が噂になっています」(前出A氏)

 芸能人のオーラが強いXは、VIPルームでも非常に目立つ存在だとA氏は語る。だが、本来は芸能人などが安心して遊べるはずのバーのVIPルームの内情を、なぜ黒服のA氏が暴露するのであろうか。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ