三浦春馬さん「ある程度計画していたのでは」…“自殺”の衝撃!「数年前から心が不安定」情報も

関連キーワード:

,

,

三浦春馬さん「ある程度計画していたのでは」…自殺の衝撃!「数年前から心が不安定」情報もの画像1
『 日本製 』/ワニブックス

「一体なぜ…」。その言葉しかない。人気俳優の三浦春馬さん(30)が18日、東京・港区内の自宅マンションで首を吊って亡くなっているのを発見された。自殺とみられる。部屋には遺書のようなメモが残されていたという。

「三浦さんの住まいは港区の高層マンション。首を吊っていたのは広いリビングではなく、大型のクローゼットの中だった。遺書があったということは衝動的なものではなく、ある程度計画していたのでしょう」とはスポーツ紙記者。

 それにしてもわからないのが自殺動機だ。もっか三浦さんは9月スタートのTBS系連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」の撮影中で、普段と変わらぬ様子だったという。また歌手としてもセカンドシングル「Night Diver」を8月26日に発売予定で、24日放送の「ミュージックステーション 3時間半SP」(テレビ朝日系)に初出演するはずだった。

「実は三浦さんにはこのところSNSで誹謗中傷が多く寄せられていました。芸能人のスキャンダルにマスコミやネット民が集中砲火することに納得がいかなかったのでしょう。東出昌大さんと唐田えりかさんの不倫騒動の時は自身のツイッターで苦言を呈したこともありました」(ワイドショー関係者)

 事実、三浦さんの1月29日のツイッターには「明るみになることが清いのか、明るみにならない事が清いのか…どの業界、職種でも、叩くだけ叩き、本人達の気力を奪っていく。皆んなが間違いを犯さない訳じゃないと思う。国力を高めるために、少しだけ戒める為に憤りだけじゃなく、立ち直る言葉を国民全員で紡ぎ出せないのか…」とある。これがネット民から不評で「お前は東出を擁護するのか」「俳優やめろ」と批判が殺到していたという。

 それらを華麗にスルーする性格ならば良かったが、三浦さんはそうではなかった。仕事に対してストイックで正義感も強い。その反動からか「SNS上の誹謗中傷に滅入った様子だった。だが、それが原因だとも思えず…」(同)という。芸能プロ幹部が声をひそめて明かす。

関連キーワード