【閲覧注意】ハイキング中に自撮りしていた女性が転落死する決定的瞬間! 崖から50m滑り落ち… 世界で多発「自撮り死」の恐怖

関連キーワード:

,

,

,

,

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】ハイキング中に自撮りしていた女性が転落死する決定的瞬間! 崖から50m滑り落ち… 世界で多発「自撮り死」の恐怖の画像1画像は、「Liveleak」より

 露クラスノヤルスク地方で今月、女性が約50メートルの崖から滑り落ちて死亡する事故が起こった。二児の母であるユージニアさん(34)は、ハイキングをしている最中、友人とともにグループから外れて自撮りをしようとして転落死した。このときの動画が海外の動画共有サイト「LiveLeak」で公開されている。

 赤いシャツを着た女性のユージニアさんが丘を下り、友人は彼女の姿を撮影する。ユージニアさんは足場に不安を感じたようで、地面にへばりついた。友人は彼女を救出するため、彼女のいる場所へと近づいて行った。しかし、彼女は地面を滑り落ちてしまった。「ユージリア!ユージリア!」と叫ぶ友人の声が響き渡った。

 この後、救急隊が現場に到着し、事故現場の約50メートル下でユージニアさんの遺体を発見し、彼女が死亡していることを確認したという。地方自治体が事故を調査しているかどうかは不明である。

 世界各地で同様の事故が頻発している。今月16日には、印オリッサ州デーオーガルにあるデーオーガル滝で、自撮りをしていた薬学部生が溺死する事故が起きた。シュバム・プラサードさん(23)は、ビデオ通話を通して、友人に滝の美しさを見せようとした。このとき、彼はバランスを崩して滝に落ちてしまった。彼の家族が一日中捜索したが、発見できなかった。翌朝、彼の遺体が水に浮かんでいるのが見つかり、家族によって警察に通報された。現場に到着した警察は、消防隊の助けを借りて遺体を回収した。

 3日にも、米アリゾナ州シドニーのグランド・キャニオン国立公園で、ハイキング中の女性が崖から転落死した。マリア・A・サルガード・ロペスさん(59)は事故当時、家族と一緒に写真を撮っていた。彼女の遺体は崖から約30メートル下の場所で発見された。グランド・キャニオンでは昨年、少なくとも2人が転落死した。そのうちの1人である50代男性は、自撮りをしている最中に足を滑らせたとみられている。

 誰しも雄大な自然を目の当たりにすると写真を撮りたくなるものだ。しかし、油断していると、撮影中に命を奪われてしまう。自撮りをする際は細心の注意を払ってもらいたい。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?