7月23日はストリートチルドレン8人が警官に射殺された日! 近隣住民が警官に殺害依頼…=ブラジル

7月23日はストリートチルドレン8人が警官に射殺された日! 近隣住民が警官に殺害依頼...=ブラジルの画像1
(画像はWikipedia Candelária massacreより。Public Domain)

『リオ・デ・ジャネイロのカンデラリア教会』

 1993年7月23日は、リオ・デ・ジャネイロのカンデラリア教会で8人のストリートチルドレンたちが警官らに射殺され、多くの子供たちが重軽傷を負った日である。


 カンデラリア教会は、ストリートチルドレンの養護施設的役割を果たしており、売春や薬物売買に携わったような子供たちの宿泊や食事のサポート、そして教育までも補助している場所であった。


 事件の前日の朝、数人のストリート・チルドレンたちが、パトカーに向かって投石をすると、警官は「安心しろ、すぐに捕まえてやるからな」と言い残してその場を去った。このようなやりとりは普段もよく見られた光景であり、子供たちも特段警戒をしていたわけではなかったという。


 しかし、翌23日の深夜、教会の前に停められたシボレーコルベットの中から、その場で寝ていた70人ものストリート・チルドレンたちに向かい拳銃が乱射されたのだった。


 その結果、最低でも8人のストリート・チルドレンが死亡(当初の警察発表は6人)。犯人の車のナンバーは覆面されていたが、その銃弾から警察官によるものと判明。後の捜査により、50人もの容疑者が走査線に浮上した。


 その中でも有力とされたマルシオ・ダ・コンセイソンは逮捕直前の1994年に死亡、さらに終身刑を言い渡されたマルコス・エマニュエルとネルソン・クンハも無罪として上告中である。


 ブラジルのストリートチルドレンの問題は、年々深刻化しており、その存在を疎んだ近隣住民が安月給の警官たちに謝礼を渡し殺害を依頼していたという事実も判明している。


 それは、この事件の生き残りであるサンドロ・ド・ナシメントが、2000年6月12日に起こしたバスジャック事件「バス174ハイジャック」で訴えたことにより(テレビ生中継もされた)、より世界に知られることとなった。


 事件は『Ônibus 174(Bus 174)』として2002年にドキュメンタリー映画化され、2008年にはナシメントを主役とした映画『Última parada174 (シティ・オブ・マッド)』も公開された。


 この問題が国際社会に知られるようになった結果、1996年に、マルクス・ビニシウス・エマヌエルに禁固309年が言い渡されたが、それは8人の少年たちの魂にいくばくかの救いとなったのだろうか。

 

<7月23日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ