ナベプロの鬼畜セクハラ元常務・大澤剛氏、ついに退社で芸能界が戦々恐々! 握り潰したスキャンダルを続々暴露か、某タレントの“暴力問題”も!?

ナベプロの鬼畜セクハラ元常務・大澤剛氏、ついに退社で芸能界が戦々恐々! 握り潰したスキャンダルを続々暴露か、某タレントの暴力問題も!?の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 大手芸能事務所ワタナベエンターテインメント(以下、ナベプロ)の常務取締役だった大澤剛氏が退社したという。もちろん原因は、ナベプロに所属する男性アイドルグループメンバーへのセクハラ行為だ。

「『週刊文春オンライン』に報じられて、芸能界は騒然としました。大澤氏と言えば、何といっても芸能スキャンダルを握りつぶす剛腕として知られていたからです。ヤフーでもトップニュースとして扱われたにもかかわらず、ズブズブのテレビ局やスポーツ紙はダンマリを決め込みました。ただ、さんざん大澤氏に煮え湯を飲まされていたので、芸能マスコミは喝采していましたね」(芸能関係者)

 そのセクハラ行為も目をふさぎたくなるようなことばかりだった。報じられたところによると、ベッドで目隠しされて裸を撮影されたり、同氏の性器を舐めるように求められたという。剛腕広報で知られる大澤氏にあらがうことはできず、この元メンバーは性的関係を持つようになったという。

「性器をバナナ、精液をミルクに喩えて『次はゴックンだね』などとおぞましいセリフを大澤氏が吐いていたので、もはやタレントに手を出したというレベルではなく、調教していたといっていいでしょう。これが明るみになったことで、大澤氏は役員を解任され、ナベプロ内に調査委員会が立ち上がったのです」(同関係者)

 果たして大澤氏は、このほどナベプロを退社することに決まったようだ。一部では、同社の渡辺ミキ社長と昵懇なので、ほとぼりが冷めてから何食わぬ顔で現場復帰するという情報もあったが、さすがにそうはならなかった。

 だが、安心するのは早い。大澤氏が野に放たれることに、戦々恐々としている当のナベプロをはじめ、芸能プロダクションは実に多いのだ。バラエティー番組の関係者がこう証言する。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ