【閲覧注意】トラックに轢かれたバイカー、“恐怖のノイズ”を立てながら苦痛に悶える! 想像を絶する交通事故直後のリアル

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】トラックに轢かれたバイカー、恐怖のノイズを立てながら苦痛に悶える! 想像を絶する交通事故直後のリアルの画像1画像は、「BestGore」より

 鹿児島県鹿児島市で今月10日午後2時ごろ、直進していたトラックと左側から道路に進行してきたミニバイクが衝突した。ミニバイクを運転していた女性(77)は搬送先の病院で死亡した。

 愛知県弥富市でも8日、大型トラックが原付バイクに乗った女性をはねて逃走する轢き逃げ事件が起きた。逮捕されたトラック運転手の男(25)は、事故を起こした認識がなかったとして容疑を否認している。女性は肋骨を折るなどの重傷だという。

 死角の多いトラックがバイクを轢いたりはねたりする交通事故は、日本だけでなく世界各地で頻発している。そんな事故の現場をとらえた動画を海外の過激ニュースサイト「BestGore」から紹介しよう。

 停車したトラックの下に横転したバイクがあり、その横に男性が座り込んでいる。道路に伸びている赤い血は、彼の体から流れたもののようだ。「オォォオオォ……」という奇妙なノイズが聞こえる。彼が苦痛のあまり漏らしたうめき声だ。動画からは彼がどれほどの怪我を負ったのか確認できないが、耐えられない痛みに襲われているのだろう。

 動画の詳細がわからないため、コメント欄ではさまざまな憶測が飛び交っている。「男性は首の骨が折れていて、ほんの少し動いただけで激しい痛みがあるのだろう」「彼の頭に何かが引っかかっているのではないか」などの指摘も見られる。また、「助けを求める男性を誰も助けようとしないのは、救急車の到着を待っている間、医師でない一般人がけが人に触れることが禁じられているあるからだ」と解説する書き込みも見られる。いずれも真偽不明の情報だが、事故の悲惨さだけは動画からひしひしと伝わってくるはずだ。

 このように悲惨な交通事故を引き起こさないためには、トラック運転手だけでなく、バイカーにも相応の注意が求められる。目の前を走っているトラックが邪魔だからといって、無理に追い越そうとしないことである。最悪の場合、轢かれて命を落とすこともあるのだ。安全運転を心がけてほしい。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【閲覧注意】トラックに轢かれたバイカー、“恐怖のノイズ”を立てながら苦痛に悶える! 想像を絶する交通事故直後のリアルのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?