7月24日は作家の芥川龍之介が服毒自殺した日! 将来に対するぼんやりとした不安…

7月24日は作家の芥川龍之介が服毒自殺した日! 将来に対するぼんやりとした不安...の画像1

『芥川龍之介の肖像』

 1927年7月24日は作家の芥川龍之介が服毒自殺を遂げた日である。


 この年の1月には妻の友人であった平松麻素子とプラトニックな関係のまま東京の帝国ホテルで心中しようとしたが失敗。そこから約半年後に、田端にあった自宅の部屋で服毒自殺を遂げた。


 その時に飲んだものは恐らくはベロナール、ジェノアル等の睡眠薬であったといわれるが、青酸カリであったという説もある。


 生前、友人の小穴隆一に宛てた手紙に記した「僕の将来に対する唯ぼんやりした不安」という言葉が先走り、《厭世的な自殺》というのが芥川の死に定着したイメージであるが、義兄が多額の債務を残して自殺したこと、さらには偏頭痛、閃輝暗点等の肉体的な衰弱も大きな影響を及ぼしていたであろうことは想像に難くない。


 しかし、妻、菊池寬、小穴にと残した遺書により、後生に残したイメージは「ぼんやりとした不安」だけが残った。


 それは、死すらも自らの作風に落とし込んだかのような、「自殺」もしくは「人生」という彼の作品であったのかもしれない。

(写真はWIkipedia 芥川龍之介より)

<7月24日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

<第6回 春日武彦→末井昭> ■■■■■猫嫌い■■■■■ ...

7月24日は作家の芥川龍之介が服毒自殺した日! 将来に対するぼんやりとした不安…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル