7月25日は「和歌山毒物カレー事件」が発生した日! 動機不明、真相不明の大量殺傷事件

7月25日は「和歌山毒物カレー事件」が発生した日! 動機不明、真相不明の大量殺傷事件の画像1
(画像は林眞須美著『和歌山カレー殺人事件 獄中からの手紙』創出版刊)

『林眞須美著「和歌山カレー殺人事件 獄中からの手紙」(創出版)の表紙』

 1997年7月25日は和歌山市園部地区で開催された夏祭りで出されたカレーに混入した毒物が原因で4人の死亡者と67人の重軽傷者を出した「和歌山毒物カレー事件」の発生した日である。


 捜査により、自宅からヒ素が検出された近隣住民の林眞須美が12月9日に容疑者として逮捕された(それ以前の10月4日に保険金詐欺罪で夫の建治とともに逮捕されているため再逮捕)。


 それは自宅での薬物所持と、カレー鍋を1人で担当していた時間が長かったからという、状況証拠を根拠にした逮捕であった。


 そして1997年の年末から開始された公判により、2002年12月11日に死刑判決が下った。


 しかし、全面否認を続けた林被告は即座に控訴し、あくまでも無罪を主張したが、2009年4月21日に棄却。眞須美被告の死刑が確定した。


 しかし、それから9年近くが経過し、現在は事件から20年が経過しているが、その動機は不明のまま。


 確かに、家族に食べさせるリスクを冒してまで、無差別殺人を犯す理由は判明していない。


 そして、状況証拠のみで死刑判決を下してよいのかという道義的な反論もあり、いまだ真相は明らかになっていないのが現状である。


 今年に入って、林眞須美の成人した息子がメディアでコメントを発し始めるなど、一部著名人やジャーナリストを中心に新たに事件を見直す動きも出てきている。


 果たして、その真実が白日の下に晒される日が来るのか?


 死刑により闇に葬られたオウム事件の真相を思うと、その可能性は限りなく少ないといえるだろう。

 

<7月25日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

関連キーワード