7月27日はヤンキースで活躍した右腕投手・伊良部秀輝が自殺した日! 逮捕、事業失敗…プロ野球が生み出した光と影

7月27日はヤンキースで活躍した右腕投手・伊良部秀輝が自殺した日! 逮捕、事業失敗...プロ野球が生み出した光と影の画像1
(写真は「find a grave.com」より)

『ニューヨークヤンキース時代の伊良部秀輝』

 2011年7月27日は、日本プロ野球の千葉ロッテ・マリーンズや阪神タイガース、MLBのニューヨーク・ヤンキース等で活躍した本格派右腕投手、伊良部秀輝が自殺をした日である。


 ロッテ時代は当時日本最速の158キロを記録し、最多勝1回、最多奪三振2回、最優秀防御率2回を獲得する、日本プロ野球界最高レベルの速球派右腕として球界に君臨した伊良部であったが、引退後は暴行容疑で現行犯逮捕(不起訴)、実業の失敗など、暗い影を落としていた。


 そんな矢先の2011年7月27日に、ロサンゼルスの自宅で首吊り死体となって発見されたのである。


 その理由としては家庭、妻子との不和が囁かれているが、それを否定する報道もあり、真実は定かではない。


 ただし、その遺骨は妻とその母により受け取りを拒否され、49日を待たずに無縁仏として千葉市内の寺院に埋葬されていることは事実である。


 プロ野球という栄光に包まれた世界から一転、闇に墜ちてゆく人生といえば、伊良部の現役時代にライバルとして名勝負を積み上げたホームランバッター、清原和博も覚醒剤問題でその人生を破綻させ、懸命に更生の道を歩み出したところだ。


 その現役時代の勇姿とともに、その光が生み出した《影》も、プロ野球の歴史として、忘れてはならない。

 

<7月27日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ