「ヒトラーは本格的マゾ」CIA文書で発覚! 壮絶プレイの詳細も… 優生思想の源は“片玉&短小ペニス”の劣等感か!?

 ナチス・ドイツを率いたカリスマ独裁者、アドルフ・ヒトラーの激烈な野心と情熱、そして狂気的優生思想はいったいどこから来ていたのか。そこには彼特有の“性的嗜好”も関係していることが示唆されている。

■原動力は歪んだ性欲

「英雄色を好む」などのフレーズがあるように、エネルギッシュで行動力に富んだ稀代の英雄的人物にはそのエネルギーの源になる“原動力”があるといわれている。

 では20世紀を代表する暴君にして独裁者、アドルフ・ヒトラーのエネルギーの源は何であったのか。そこには“短小”な性器(マイクロペニス)とマゾヒズムが関係していることが、かつてのCIA文書で指摘されているのだ。

「ヒトラーは本格的マゾ」CIA文書で発覚! 壮絶プレイの詳細も… 優生思想の源は片玉&短小ペニスの劣等感か!?の画像1
「Express」の記事より

 ヒトラーは1933年にドイツの首相に就任し、その1年後に国家元首である“総統”となった。彼の拡張主義イデオロギーは第二次世界大戦の引き金となり、ナチスによる“ホロコースト”では600万人のユダヤ人が虐殺された。

 ヒトラーの苛烈な狂気のエネルギー源はどこにあったのか。専門家によれば、この人類史上最も残忍な暴君の1人は、自分の不足分を埋め合わせる使命を帯びていたという。その不足分とは短小なペニス(マイクロペニス)であったというのだ。

 1943年、CIAの前身であるアメリカ戦略諜報局(Office of Strategic Services、OSS)は、ウォルター・ランガー博士による「アドルフ・ヒトラーの心理分析、彼の人生と伝説」の研究の一環として、ヘンリー・マレー博士に彼の行動を予測するためにヒトラーの性格を研究するよう依頼した。

「ヒトラーは本格的マゾ」CIA文書で発覚! 壮絶プレイの詳細も… 優生思想の源は片玉&短小ペニスの劣等感か!?の画像2
「Express」の記事より

 ヘンリー・マレー博士は、229ページのレポート「アドルフ・ヒトラーの人格の分析」で、ヒトラーを「正常な人間関係が築けなかった」偏執的な「完全な破綻者」だと説明した。

「慈悲や慈悲深い扱いを彼から期待することは永遠に不可能です」(マレー博士)

 報告によると、ヒトラーは、主に彼の小さく虚弱で病弱な身体的外観に起因する劣等感の耐え難い感情に苦しんでいたという。“小さく虚弱で病弱な身体的外観”を如実に示すのは彼の短小なペニスであった。

 博士によればヒトラーは「暴力、力、冷酷な支配、そして軍事征服」を崇拝することでこうした不安をマネジメントしていたということだ。

「ヒトラーは本格的マゾ」CIA文書で発覚! 壮絶プレイの詳細も… 優生思想の源は“片玉&短小ペニス”の劣等感か!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで