【閲覧注意】少女をキ●ガイから守り、電車とホームの間に「頭を挟まれて」死んだ男! 正義を貫き悲劇的最期を遂げる=NY

関連キーワード:

,

,

,

,

,

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】少女をキ●ガイから守り、電車とホームの間に「頭を挟まれて」死んだ男! 正義を貫き悲劇的最期を遂げる=NYの画像1画像は、「BestGore」より

 今月3日、米ニューヨーク州ニューヨーク市にある地下鉄ハーレム駅のホームで、2人の10代の少女を助けようとした男性が殺される事件が起こった。

 警察によると、ドウェイン・ブラウンさん(57)は、2人の少女たちを怒鳴りつけていたトッド・ハバード容疑者(57)から少女たちをかばおうとして、ハバード容疑者と口論になったという。ハバード容疑者に押されたブラウンさんは、ホームに入ってきた電車と接触して死亡した。

 このときの様子を撮影した動画が海外の過激ニュースサイト「BestGore」に投稿された。ホームの端に赤いシャツを着たブラウンさんが倒れている。彼は電車とホームの間に頭を挟まれて即死したのだ。遺体の四肢が切断されたり、内臓が飛び散ったりしていないためか、周囲の人々は落ち着いているように見える。シュールな光景である。

 目撃者の女性であるニコール・ルイスさんは、いつも通り電車で帰宅するつもりだったが、事故現場に遭遇してしまった。「私は彼のために祈っていました。(横たわる)体の半分をそこで見て、なんとか無事に家族と再会してほしいと思いました」と衝撃の瞬間を振り返る。

「しかし私は、彼がすでに死んでいることを意味する黒いビニール袋を見ました。そして、何もかもを理解したとき、ああ、私は泣き出してしまいました」(ルイスさん)

 現場から逃走したハバード容疑者は逮捕され、殺人と暴行、サービスの窃盗(正当な権利なくサービスを利用して自己の利益を得ること)の疑いで起訴されている。ハバード容疑者には1982年にはじまる犯罪歴があり、強盗や地下鉄改札口の飛び越えなど、複数の逮捕歴が含まれる。ブラウンさんを死に至らしめた日も、ホームで少女たちに嫌がらせをしていたとされる。

 少女たちを守った英雄は悲惨な最期を遂げてしまった。彼の無念を晴らすためにも、ハバード容疑者に厳しい判決が下ることを願いたい。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?