【閲覧注意】サメに本気で襲撃された男の死体がヤバすぎる!! 頭を完全に食いちぎられ… 世界で被害相次ぐ!

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】サメに本気で襲撃された男の死体がヤバすぎる!! 頭を完全に食いちぎられ… 世界で被害相次ぐ!の画像1画像は、「Documenting Reality」より

 ドミニカ共和国サマナ湾で6月22日朝、頭の無い男性の遺体が発見された。その後、前週の土曜日に釣りに出かけたまま行方不明になっていたホセ・アントニオ・ペニャ・ヌニェスさん(60)の遺体であることが確認された。情報筋によると、ヌニェスさんは地域で尊敬されている人物だったため、訃報を受けて住民たちは大いに落胆したという。

 海外の過激画像共有サイト「Documenting Reality」で、ヌニェスさんの遺体画像が公開された。首から上が完全に失われている。解説によると、ヌニェスさんはサメに頭を食い千切られてしまったたのだという。

 近年、世界各地でサメによる襲撃事件が頻発している。先月27日には、米メーン州ベイリー島で、ニューヨーク市に住む女性がホホジロザメに噛まれる事件が起きた。ジュリー・ディンペリオ・ホロアハさん(63)は娘と一緒に海で泳いでいるときにサメに襲われた。娘は無事だったが、ホロアハさんは現場で死亡した。自宅の窓から事件を目撃したスティーブン・アーノルドさんは次のように語った。

「私は岩棚のすぐそこで泳いでいる2人を見ました。彼女らは水をかけ合い、笑い、そしてお互いに話していました。それから突然、泳いでいる彼女が水から少し浮き上がるのが見え、彼女は叫び始めたのです」

 先月23日にはフロリダ州ニュースマーナビーチで、11歳の少年が泳いでいる最中にサメに脚を噛まれた。同州レイクウェールズ出身のカーソン・ディックスさんは、叔母やライフガードに救出され、現場から5分の距離にある病院に急いで駆け込んだ。翌日、緊急手術のため別の病院へ移送され、複数の裂傷と腱断裂の治療を受けたという。

 そして先月19日にもフロリダ州ココアビーチで、テキサス州出身の少女がサメに襲われた。中学1年生のカイリー・オローナさんはサメに右脚を噛まれたが、娘の叫び声を聞いた母親のロンダ・オローナさんがサメを蹴飛ばして娘を救出した。ロンダさんは「最初は信じられませんでした。娘がこれほどの悲鳴を上げたことは一度もありません」と当時を振り返る。

 日本でサメの被害はごく少数だが、国が変われば事情も変わる。外国の海で泳いだり釣りをしたりする場合には、サメに関する情報をチェックして、事前に危険を避けるべきである。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?