【閲覧注意】病院に運び込まれた「顔の剥がれた男」がヤバすぎる! 目・鼻・口も失われ… 苦痛とショックに身悶える絶望的光景

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】病院に運び込まれた「顔の剥がれた男」がヤバすぎる! 目・鼻・口も失われ… 苦痛とショックに身悶える絶望的光景の画像1画像は、「BestGore」より

 人間にとって、顔は単なる体の一部ではなく、アイデンティティに関わる重要な役割を担う。その顔を失うとどうなるか、海外の過激ニュースサイト「BestGore」から紹介したい。

 ベッドに寝ている男性は顔が完全に剥がれている。目も鼻も口もない。露出した肉が見える。しかし、意識はあるようで、顔を激しく左右に振って少し首を上げた後、再び大人しくなった。何も見えず、何もしゃべれず、ひたすら苦痛に悶えているのだろう。

 動画の詳細は一切不明である。BestGoreの解説は、病院のベッドの横にある文字から、中国または台湾で撮影された可能性があると指摘している。この動画は昨年11月、Redditに投稿されて議論を巻き起こした。コメント欄には「彼は顔面移植するのに最適な患者かもしれない」「この動画を何年も前に見たことがある。おそらく香港で撮影されたものだ」などの書き込みが見られるが、やはり動画の詳細を知る手がかりはない。

 人間が顔を失うきっかけはさまざまである。交通事故や拳銃自殺未遂などで顔面が崩壊するだけでなく、動物に襲われて顔を抉り取られてしまう事故も頻発している。

 米ノースカロライナ州グラニット・フォールズに住む男児、ライダー・ウェルズちゃん(5)は、生後21カ月のときに2匹のロットワイラーに襲われ、顔面を食い千切られた。右頬全体、まぶた、そして唇の75%を失い、50回もの再建手術を受けた。最初の1年間は2回の皮膚移植に失敗し、顔の片側がない状態だった。その後何度も手術が行われたが、ウェルズちゃんは完全に顔が元通りになったわけではなく、その外見から人々から心無い差別を受け続けている。ウェルズちゃんが公園に行くと、彼を指さして「モンスター」と叫んで逃げ出す子供もいるという。

 ウェルズちゃんの例からもわかるように、顔はその人の人生を大きく左右するものである。今回紹介した動画の男性も、たとえ生き延びたとしても、その後多くの困難に直面することになるだろう。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?