【閲覧注意】バイクで事故った男が『ゴーストライダー』状態で死亡! “地獄の炎”に頭を焼き尽くされた遺体が悲惨すぎる!

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】バイクで事故った男が『ゴーストライダー』状態で死亡! 地獄の炎に頭を焼き尽くされた遺体が悲惨すぎる!の画像1画像は、「BestGore」より

 石川県輪島市内の県道で今月2日午後、大型バイクが転倒し、運転していた50代男性が死亡する事故が起きた。午後0時半ごろ、横転した大型バイクと畑に倒れている男性を通行人が発見して通報。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。体を強く打ったことが死因とみられている。警察によると、男性は友人とツーリング中だったが、前方を走行していた友人は事故に気づかなかったという。警察は男性がカーブを曲がり切れずに転倒したとみて、事故の原因を調べている。

 毎年夏になると、都内でも同様のバイクによる死亡事故が増加するという。そこで警視庁は、公式YouTubeチャンネルで、バイカーへの注意喚起を目的とした動画コンテンツ「警視庁白バイ隊クイーンスターズの めざそう★Good Rider!」を公開した。動画の中では、警視庁女性白バイ隊「Queen Stars」がヘルメットの正しいかぶり方や死亡事故の発生状況などを解説する。

 しかし、こうした啓蒙動画からはバイク事故の恐ろしさがなかなか伝わってこない。一方、海外の過激ニュースサイト「BestGore」で公開された動画には、悲惨な事故現場のリアルが映っている。

 動画には、燃えているバイクと焼け焦げた男性の遺体が映っている。事故で火災が発生し、バイカーの男性は焼死したのだろう。道路脇にも遺体が転がっており、その頭が炎に包まれている。まるで映画『ゴーストライダー』のワンシーンのようだ。消火液を吹きかけられるものの、遺体の頭の炎は消えない。ゴーストライダーの頭を包む“ヘルファイア(地獄の炎)”さながらである。

 BestGoreの解説によると、スペイン語が聞こえてくることから、ラテンアメリカのどこかで撮影された動画ではないかと推測されている。コメント欄には、「この事故は間違いなくコロンビアで発生したものだ」という書き込みもあるが、真偽は定かではない。いずれにしても、同様の事故が日本でも起こり得る以上、バイカーには十分注意してバイクを運転してもらいたい。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?