8月5日は20世紀最大のセックス・アイコン「マリリン・モンロー」が死んだ日! 享年36歳…死の真相は?

(写真はWikipedia Marilyn Monroeより)

『1953年撮影のマリリン・モンローの宣材写真と、彼女の死を伝える「ニューヨーク・デイリーミラー」紙の一面』

 1962年8月5日は、世界的女優にして“20世紀最大のセックス・アイコン”マリリン・モンローが36歳で早世した日である。


 『お熱いのがお好き』『7年目の浮気』等の数々のヒット映画だけでなく、メジャーリーガーのジョー・ディマジオとの結婚と離婚、ジョン・F・ケネディ兄弟との不倫等、そのスキャンダラスな人生も含めての“ハリウッド・スター”であった。


 そしてなにより、その36歳での突然死は世界中を震撼させた一大事件であった。


 ロサンゼルスの自宅の寝室で全裸で死亡しているところをメイドが発見。死因は「睡眠薬の過剰摂取による自殺」とあらゆるメディアで大々的に報道されたが、ほどなくして他殺説が流布した。


 その原因はケネディ兄弟等の著名政治家との繋がりに加え、フランク・シナトラ、そしてその背後に存在した巨大マフィア組織とも密接な繋がりを持っていたマリリンの巨大すぎる人間関係があった。


 それは、彼女がひとりの女優としての存在を遙かに凌駕し当時の社会を左右するほどの影響力を持った存在であったことの証明でもある。

 なお、ベッドでシーツににくるまれて死んでいる死体写真も後に公開されたが、その衝撃的な写真ですら、彼女のイメージを損なうことのない、けだるい寝姿に見えてしまうから、いかにそのパブリックイメージが時代を超えて共有されているかがわかるというものだ。

 

<8月5日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ