三浦春馬の死を分析する業界人の意見が一致している「子役あがりというのは…」

三浦春馬の死を分析する業界人の意見が一致している「子役あがりというのは…」の画像1
画像は「Amazon」より引用


 30歳という若さでこの世を去った俳優の三浦春馬さん。事情は当事者にしかわからないものだが、日々俳優や女優と接するドラマ関連スタッフに話を伺ったところ、子役出身という生い立ちにも事情があるとの意見を聞くことができた。

「三浦さんの死去は正直、まだ受け止めることも難しい人間がスタッフにもたくさんいます。みんな身近で接してきた上、とにかく性格がよくて彼と接して嫌な思いをした人間は皆無です。だからこそ、余計に辛いんですよね」(ドラマ関連スタッフ)

 人柄の良さは既に各所で言われている通りだが、だからこそ余計に悲しいのも理解できる。

「ただ、この『性格がいい』という部分が災いしたのではという意見もチラホラ出てきています。彼は子役出身ですからね」(同)

 性格の良さが災いとはどういうことなのか。

「子役の俳優さん女優さんって、とにかく礼儀正しいんです。親やプロダクションに徹底的に躾けられて入ってくるので、本番中の演技だけでなくスタジオ内の挨拶やマナーなども仕込まれます。それこそ幼稚園児くらいの子供が『本日はよろしくお願いします』って挨拶するんです」(同)

 幼稚園児の挨拶とは思えないが、これが三浦さんの件とどう関連するのか。

「ここまでの礼儀正しさを植え付けられるので、年齢を重ねてもいつもニコニコしているような人が多いんです。三浦さんの件はわかりませんが、もしかしたら何があっても笑顔で過ごさないといけない性格を大人になってからも脱せず、悩みがあっても泣いたり苦しんだりする顔をできずに、結果的にひとりで抱え込んでしまったのではないかと考えられています。言ってみれば常に優等生でいなければならず、尚且つそれはお面を被っているわけですから」(同)

 憶測に過ぎないがたしかにこのような側面があったのだとすればひとりで抱え込んでしまったのかもしれない。

 しかし、三浦さんの年齢も影響したという意見もあった。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ