三浦春馬さんの死と新型コロナの影響の闇…「彼は以前も過密スケジュールでパンクしていた」

「本人はストイックな性格で、すべての仕事に全身全霊で挑みたいタイプです。以前にも、連ドラ2本が続いてパンクしたという本人のインタビューも報じられていますが、今回はそれ以上に仕事が重なって、自分の中で思い通りに仕事ができない苦しみが限界に達したんじゃないでしょうか」(同)

 これが事実だとしたら、三浦春馬さんもまた新型コロナウイルスによって人生を狂わされた一人と言えるが、これは芸能界全体にも言えることらしい。

「今回のコロナで、演出家も脚本家も放送回数や放送時期の変更によって大急ぎで修正を加えていますし、通常の半分ほどの期間で撮影しないと間に合わない現場も多いんです。そのため、普段ならNGになるような演技でもOKを出していて、役者もプライドが傷つけられていることがあります。このように各所で影響が広がっていて、三浦さん以外にも大きなストレスを抱えてしまわないかが心配です」(同)

 新型コロナウイルス感染症の問題は、健康面のみならず経済面にも多大な影響を及ぼしているが、このような影響も与えているようだ。三浦春馬さんのご冥福を祈ると共に、一日も早い新型コロナウイルスの終息を願いたい。

文=吉沢ひかる

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ