【閲覧注意】全裸男が飛び降り自殺を遂げる決定的瞬間! 「助かったか!?」と思いきや戦慄の展開、コロナ禍の影響も!?

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】全裸男が飛び降り自殺を遂げる決定的瞬間! 「助かったか!?」と思いきや戦慄の展開、コロナ禍の影響も!?の画像1画像は、「BestGore」より

 先月31日、ルーマニアの首都ブカレストで全裸の男が建物の6階から飛び降りる事件が発生した。このときの決定的瞬間を撮影した動画を海外の過激ニュースサイト「BestGore」から紹介しよう。

 全裸の男がバルコニーの手すりにつかまって、何やら奇妙な動きをしている。体の向きを変えると、そのまま手すりから手を放して飛び降りてしまった。悲鳴が聞こえる。男の体は落下し、駐車場の自動車に勢いよくダイブした。男の体が自動車に激突するボンッという音が響き渡った。フロントガラスの上に横たわった男は動いている。仰向けになったり起き上がろうとしたりするが、その体は血まみれで、左脚は折れているようだ。車から転がり落ちて地面で悶え続ける。救急隊が駆けつけて救助活動が始まった。

 別の動画では、動き回る男に警官たちが手を焼く様子が映っている。男は負傷しているにもかかわらず凶暴で、何人もの警官たちが束になってようやく取り押さえたようだ。

 同国メディアによると、この後男は病院に搬送されたが、事件発生から6時間後に死亡したという。男は精神疾患にかかっていて、事件当時は混乱していたとされる。

 全裸の男が建物から飛び降りる事件は、メキシコ・イダルゴ州トゥーラでも今年5月4日に発生した。この事件でも動画が撮影されており、ネット上で公開された。全裸の男が病院の3階に立っている。男が飛び降りると、悲鳴が上がった、男の体は地面に叩きつけられた。

 飛び降りたのは52歳の男で、新型コロナウイルス陽性と診断されて入院していた。以前から糖尿病と高血圧を患っていたが、新型コロナウイルスについては重篤な症状がなく、順調に回復していたため、数日以内の退院が予定されていた。この男の場合は、精神疾患や極度の不安もみられなかった。それにもかかわらず、飛び降り自殺は決行された。地面に激突した直後は生きていたものの、やはり数分後に息を引き取ったという。

 追い詰められた時、人は時として自殺という手段を選んでしまうケースもある。しかし、このような最後を迎えるとは気の毒としか言いようがない。彼らをここまで駆り立ててしまった本当の原因は何だったのか? どちらもしっかりと検証されるべき事件だ。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?