黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!

黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!の画像1

『白雪姫とエッチな仲間たち』(1988年・イタリア)
監督/オズヴァルド・デ・オリヴェイラ
脚本/オディ・フラーガほか
出演/アデーレ・ファティマ、マイリー・ウィエイラ、デニス・デリキアン、ほか


『白雪姫』の映画化は、1937年のディズニー・アニメ(日本公開は1960年)がスタンダードで、若い人には『白雪姫と鏡の女王』(12年)といったところだろう。今年の6月、「現代版・白雪姫」と銘打たれた『白雪姫 あなたが知らないグリム童話』というエロチック・スリラー映画が公開されたが、今回は1980年代末にイタリアで製作された『SNOW WHITE AND UNTOLD STORY(語られなかった白雪姫の物語)』を紹介する。

 アメリカで定着しているポルノパロディ映画だが、ハリウッド大作のパクリで有名なイタリア映画界では、意外にもこの作品しか筆者はお目に掛かったことがない。作品は東芝EMIから『白雪姫とエッチな仲間たち』という邦題でVHSビデオ化されたが、その後はDVD化されず現在は封印されたままだ。

 オープニング主題歌で「子供達には内緒の話だが『白雪姫』には続きがあって、あのあと王子様とお姫様はエッチをしている」と歌われる。昔々ある国で、白雪姫を生んだばかりの妃が急逝し、王様はすぐに二十歳の後妻を娶る。だが新しい妃は色情狂で、それから20年経った現在も毎日求めてくるので、とうとう王様はヤリ過ぎで体調を壊す。そんな王様をよそに、妃は隣国の若いイケメン王子と情事を重ねていた。魔法使いでもある妃が鏡に向かって「鏡よ鏡~、この世に私より美しくセクシーな女がいるか」と尋ねると、中年オヤジの鏡の精が出て来て「白雪姫です」と答える。ここで初めて画面に白雪姫が登場する。だが先代の妃がアフリカ人女性だったので、白雪姫は褐色の肌をしたSNOW BLACKだった。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ