三浦春馬さん出演「太陽の子」に入水自殺シーン! 遺書にドラマの名セリフ、関係者「撮影後も役柄が抜けず…」

関連キーワード:

,

,

三浦春馬さん出演「太陽の子」に入水自殺シーン! 遺書にドラマの名セリフ、関係者「撮影後も役柄が抜けず…」の画像1
画像は「Amazon」より引用


 先月18日に急死した俳優・三浦春馬さん(享年30)が出演するドラマ「太陽の子」(NHK総合など)が終戦記念日の8月15日に放送される。同ドラマは第二次世界大戦下の日本の科学者の物語で、研究に没頭する主人公の学生・石村修役を柳楽優弥(30)、弟の裕之を三浦さんが演じた。

 裕之は陸軍の下士官として戦地にいたが、病気療養のため一時帰国。戦況悪化の報を日本で聞き、戦地で散った仲間に思を葛藤する日々を送る。そんなある日の夜、裕之は何かに導かれるように海に向かって歩き出し、そのまま入水自殺を試みた。結局未遂に終わるが、三浦さんの演技には鬼気迫るものがあったという。

 三浦さんの死をめぐっては、一部週刊誌で自宅に遺されていた日記帳に、石村裕之の生涯と自身を重ね「散ることを見据えて残された日々をどう過ごすべきか」などと書かれていたと報じられている。

「三浦さんのファンにしてみれば、衝撃的なシーン。今月上旬に行われた試写会では、現実世界の三浦さんとシンクロしたファンのすすり泣く声が会場にこだましたそうです」とは女性誌記者。

 同作はNHKの8Kドラマではすでに複数回放送されているが、視聴者数が圧倒的に多いNHK総合で放送されるのは初。ショッキングなシーンがあるため、社会的影響に考慮しなければならない。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ