火星で古代エイリアン寺院の遺跡を発見か? 「紛れもなくエイリアンの作ったもの」専門家も断言

 火星で古代エイリアンの遺跡が発見された——英「Express」(8月13日付)が報じた。

UFO sighting: ‘Ancient alien temple’ found in NASA Mars rover photos, claims UFO hunter (Express)

 古代寺院の遺跡らしきものは、NASAの火星探査機「キュリオシティ」がSol 595(595日目)に撮影した画像に写っている。岩と砂だらけの荒野にぽつんと立つ小高い丘の表面に、自然物とは思えないような不思議な形の物体が残されているのだ。

画像は「ET Database」より引用

 それは地面に埋もれた出入り口のような形をした物体で、直線が縦と横に刻まれ、垂直に交わったデザインがはっきりと見て取れる。ぱっくりと開いた黒い開口部はその奥に続く構造を予感させるものとなっている。

画像は「ET Database」より引用

「これは紛れもなく、エイリアンが作ったものです」

 そう断言するのは、この物体の発見者である世界的UFO研究家スコット・ウェアリング氏だ。ウェアリング氏はこの発見を自身のサイト「ET Database」に掲載、YouTubeチャンネルでも取り上げている。

 ウェアリング氏はこの物体の解析も行ない、その大きさが2メートル四方ぐらいであると報告している。もしこれが入り口の扉の残骸だとすれば、そこを通り抜けていたエイリアンたちはもっと小さいことになるが、ウェアリング氏はその体長を70センチくらいだったのではないかと推測した。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ