【閲覧注意】セックス中に膣からチンコが抜けなくなる「膣痙攣」衝撃の真実! 現代医学の父ウィリアム・オスラー論文を天才・亜留間次郎が解説

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服のための科学】

画像は「Getty Images」より引用

■膣痙攣とは

 セックス中に膣からチンコが抜けなくなる、日本語で「膣痙攣」と呼ばれている現象には、ペニス・カプティウス(Penis Captivus)、ラテン語で「捕らわれたペニス」という意味の正式名称が付いています。

 膣痙攣が一般にまで認知されるようになったのは第二次世界大戦後で、1970年代にフィクションで取り上げられるようになると日本でも浸透しました。その存在自体は1870年に症例報告され、1947年に世界的に権威ある英医学誌「BMJ」に掲載されてから徐々に一般にも認知されるようになりましたが、特に重要なのは1979年10月20日に「BMJ」に掲載された論文です。

 しかしながら、チンコが抜けなくなるペニス・カプティウスは架空の症状であり、SEX中に女性が膣痙攣を起こして、挿入したチンコが抜けなくなって合体したまま救急車で運ばれる……という話は都市伝説に過ぎません。

 なんで架空の症状が世界的にも権威のある学術雑誌にまで載ったのか? 実は1979年の論文の執筆者であるF・クレープル・テイラー博士は、イーガートン・ヨリック・デイビスが1870年と1872年に「フィラデルフィア・メディカル・ニュース」に発表した二つの症例を元に論文を書いただけで、自分で実際に症例を診たわけではありません。

 そして、フィラデルフィア・メディカル・ニュースは1884年12月13日号で、「エガートン・ヨリック・デイビスは架空の人物で、二つの症例も架空であった」と公表しています。この二つの症例報告は完全な捏造で、膣痙攣でチンコが抜けなくなるという症状は、ある高名な医師が架空の医師の名前を使って書いた架空の症例報告に出てくる架空の症例だったのです。

 その人物こそ、世界の医学に大きな影響を与えたウィリアム・オスラーⅠ世准男爵です。今でもオスラー病を初め、「オスラー」とついている医学用語はこの人が由来です。エガートン・ヨリック・デイビス(Egerton Yorrick Davis)はオスラー準男爵のギャグネームで、架空の論文の架空の執筆者です。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?