【閲覧注意】少女たちのスプレー缶オナニーがヤバい! アナル、性器いじり…幼女の膣挿入症例を天才・亜留間次郎が徹底解説!

関連キーワード:

,

,

,

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服のための科学】

画像は「Getty Images」より引用


■幼女膣異物挿入症例

 肛門科でのアナル異物挿入の話は有名ですが、産婦人科では膣異物挿入の症例報告が結構あり、小児外科では幼女の膣異物の症例報告もあります。興味のある人は「foreign body in the vagin」で画像検索すると大量に見つかります。

 小児膣内異物の症例は、性的虐待と関係のない、日本で報告されている事例だけでも27例以上あります。女の子には、ビー玉とかを口に入れて誤飲誤食してしまう感覚で、アソコに入れてしまうような子が世界中に一定数居ます。

 膣異物挿入で特徴的なのは、入ったまま放置しても本人も親も特に異常に気が付かず、放置されている事例が非常に多い事です。長期間放置しているとアソコの粘膜から膿や汚い汁みたいなのが出てきて下着が汚れて気が付くのが多いのですが、挿入後、数ヶ月目、中には1年半もかかってやっと気が付いたなんて症例があるぐらいです。信じられないかもしれませんが、5歳児が自分の膣にこれだけの異物を挿入していたというケースもあります。

ビー玉3個、人形の靴1足、プラスチックのビーズ7個、菓子包装紙1枚。画像は「診断までに1年半を要した膣内異物の5歳女児例」より引用
画像は「診断に難渋した小児膣内異物の1例」より引用

 13歳未満の少女で膣の異常で外来を受診した患者のうち、膣異物挿入の有病率は、統計によると4%になると推計されています。つまり、病院にアソコが変と言ってやってくる幼女の4%が膣異物挿入している計算になります。

 より一般的なのは小児外陰炎などの炎症、陰門膣炎などの感染症やサドル外傷(https://tocana.jp/2018/11/post_18651_entry.html)などの怪我です。そして、基本的に幼女では膣の中まで診察しないため陰門膣炎と誤診されやすく、最初は抗生物質などの投薬が行われるだけです。膣異物挿入はX線を撮らないと発見できないので、初診で幼女が自分で自分の膣にオモチャ入れちゃった疑いにたどり着ける医師は多くありません。

 症例報告が上がってきているのも、「診断が困難な症例だから報告しなければ」と皆が思うからですが、学会発表の許可を患児の親から取るのは大変そうです。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?