新田真剣佑も出席! 千葉真一が自身の祝賀パーティーで盛んに金集めに奔走! 新作映画計画に疑念の声!?

新田真剣佑も出席! 千葉真一が自身の祝賀パーティーで盛んに金集めに奔走! 新作映画計画に疑念の声!?の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 新型コロナウイルスの感染拡大で経済活動の停滞が続いている。ウイルスの影響は、実業界のみならず芸能界にも及んでいる。

「コロナの感染拡大意向、民放各局はどこも営業面で苦しい立場に追い込まれています。広告の出稿が減り、イベントが中止に追い込まれたことで事業収入もガタ落ちとなりました。番組制作の予算も削減傾向にあり、出演するタレントのギャラも下落傾向にあります。さらに“コロナ禍”で映画やドラマの制作もままならなくなっているため、俳優たちの懐事情も厳しくなっているのが実情です」(スポーツ紙記者)

 多くの芸能人が“コロナ禍”での生き残りに必死となっているなか、ある大物俳優が集めた資金の行方に注目が集まっている。資金集めに奔走していたのは、昭和期から活躍したスター俳優で、海外でもその名が知られる大物俳優・千葉真一氏(81)である。

「千葉氏は新型コロナの感染が広がる前の今年始めごろまで、銀座や六本木の『夜の街』に頻繁に顔を出していました。そこで巨額の資産を持つ起業家や投資家を相手に新作映画への出資を持ちかけていたのです。千葉氏はあちこちでこの映画製作の話をしており、かなりの金を集めていたようです」(同)

 コロナ感染が始まる前の昨年11月には、あるパーティーの席に千葉氏の姿があった。

「今年、芸能生活60周年を迎える千葉氏が主催した祝賀パーティーです。人気ダンスグループのメンバーら多くの芸能人のほか、起業家や投資家らも参加し、パーティーは大いに盛り上がりました。その場には、若手注目株として映画やドラマに出演して人気を博している息子、新田真剣佑も出席していました」(同)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ