【緊急】プーチンの娘が死去!? 2度目のコロナワクチン接種後に…怪情報の背景に「スプートニクV」を巡る陰謀か? 安倍首相の検診も…

 

プーチン大統領の娘がワクチン接種後に死亡したとするニュースがツイッターを中心に拡散している。画像は「YouTube」より

 今月11日、ロシアのプーチン大統領が世界に先駆けて新型コロナウイルスワクチン「スプートニクⅤ」の民間人投与を承認したと発表。プーチン大統領の2人いる娘の1人にもすでに投与され、経過良好だと言われていたが……。なんと、2度目の投与後に容体が急変し、死亡したという噂がまことしやかに囁かれているのだ。

 すでに(特に日本の)ツイッター上でさかんにリツイートされているが、ソース元となっているのは、海外ニュース「Toronto Today」(8月15日付)の記事である。プーチン大統領の2人の娘、カテリーナとマリアのどちらかは分からないが、新型コロナウイルスワクチンを投与後にモスクワで死亡したという。これが事実であれば、とんでもない大ニュースだ。

 だが、Toronto Todayのほか、どのニュースメディアもこのことに触れておらず、その確度は疑問視されている。しかもToronto Todayは今年できたばかりの正体不明のニュースサイトであり、現在はサイトにアクセスすらできない状態だ。

 状況からしてフェイクニュースである可能性が極めて高いが、このタイミングでこうした話が出てきたのも、ロシアのワクチンに脅威を感じている人々がいるからかもしれない。

 ところで、今月15日には米トランプ大統領の弟であるロバート・トランプ氏が急死し、17日には日本の安倍首相も入院したが、プーチン大統領の娘の死亡ニュースと時期が重ねっているのは、たんなる偶然だろうか?

この女性はプーチン大統領の娘ではないことが判明している。画像は「RT」より

 ここは敢えて必然だと考えてみよう。まず、スプートニクⅤは、臨床試験を一部省略した急ごしらえのワクチンであり、その安全性に対し疑問の声があがっている。もし本当にプーチン大統領の娘がこのワクチンを投与されていたのだとしたら、想定外の副作用で死亡した可能性もあるだろう。(インドメディアを中心にプーチン大統領の娘だとされる人物がワクチンを投与されている画像が掲載されているが、これはまったくの別人であることが分かっている)。

 次にトランプ大統領であるが、彼はロシア疑惑に代表されるように(ロシア疑惑自体は“シロ”だと判明しているが、2020年の米大統領選挙においてもロシアはトランプ寄りだと左派メディアは報じている)、モスクワに太いパイプを持っていることは明らかだ。そして安倍首相はトランプ大統領の“お友達”である。ロシアが一足先に開発した新型コロナウイルスワクチンをトランプ大統領がプーチン大統領から譲ってもらい、“マブダチ”の安倍首相にも分けてあげたと考えれば、トランプ大統領の弟の死と安倍首相の入院、そしてプーチン大統領の娘の死が必然的な出来事として結びつくのである。

 とはいえ、これはもろもろの諸前提の真偽や確率論を考慮していない妄想の類であり、ひとつの極薄の可能性でしかない。ただ、時には大胆な推論も大当たりすることがある。ひとつひとつの不足点を補っていった結果、まさかの真実が浮かびあがってくるかもしれない。今後もロシア、アメリカ、日本の動向を注意深く見ていきたい。

 

参考:「Toronto Today」、「The Arts of Entertainment」、「India.com」、「スプートニク」、「中央日報」、ほか

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ