初セックスは「近所のおばさんやおじさん」と…! 10代の妊娠を未然に防ぐ北関東の伝統的風習を解説!

【日本奇習紀行シリーズ 北関東】

初セックスは「近所のおばさんやおじさん」と…! 10代の妊娠を未然に防ぐ北関東の伝統的風習を解説!の画像1
画像は「ゲッティイメージズ」より引用

 新型コロナウイルスの感染拡大により、全国的に学校が休校となった今年は、その後、ある意味、「やっぱり」というべきなのか、未成年者による妊娠の相談がサポート団体などに多数寄せられることとなったという。しかしこうした若年層の“荒ぶる性”は、いつの時代も同じであったようだ。

 

「子供ってのは何をやらせてもムチャクチャだからね(苦笑)。だから大人たちがちゃんと面倒みてやらないといけないんだよ」

 

 かつて北関東のとある地域で行われていたという、未成年者たちによる性行為と、それに対する大人たちの取り組みについてそう語り始めたのは、当地で生まれ育ち、現在も農業を営んでいるという北条健さん(仮名・83)。北条さんの話によると、その昔、当地の大人たちは、子供たち同士があらぬ形で望まない妊娠をしないように、“ある行為”を行っていたという。

 

「まぁ、なにせサカってる年頃だからね、ちょっと目を離すとすぐに孕んだり、孕ませちゃう。だからそうならないようにね、ちゃんと大人になるまでは、まわりの大人たちが相手してやって、子供同士ではしないように取り決めていたんだよ」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ