火星で再び「象の頭部」が発見される! 地球同様に、火星でもゾウは神聖な動物だったパオーン!

 火星の荒野に象の頭部が落ちている——信じがたいニュースが飛び込んできた。ニュースサイト「International Business Times」(8月15日付)が報じた。

Elephant Head on Mars? This Taiwanese Researcher Says Aliens Had Once Roamed Red Planet (International Business Times)

画像は「International Business Times」より引用

 今年5月、NASAの火星探査機キュリオシティが撮影した画像の中に、その驚くべき物体は写り込んでいる。土と石ばかりの荒野の丘に、象の頭部と思しき物体がにゅっと突き出しているのである。

「丘の中腹に、象の頭を形どった彫像を見つけました」

 そう述べるのはこの画像の発見者で、台湾在住の世界的エイリアンハンター、スコット・ウェアリング氏である。ウェアリング氏はこの発見を自身のサイト「ET Database」に掲載し、この物体がかつて火星にいたエイリアンの手による象の彫像であると主張している。

画像は「ET Database」より引用

 実は、ウェアリング氏が火星で象の姿を発見したのはこれが初めてではない。昨年9月にも、やはりNASAの火星探査機の画像の中に象の頭部と思しき物体があると発表しているのだ。なお、ウェアリング氏が発見した二つの「象」は、いずれも地球の象より耳がかなり小さく、関連があるかもしれないと示唆する。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ