【速報】桜を見る会の超凶悪半グレ・山根真一が4回目の逮捕! 山根グループ以外の”浦添グループ“”那覇グループ“の存続は…!?

関連キーワード:

,

,

,

【速報】桜を見る会の超凶悪半グレ・山根真一が4回目の逮捕! 山根グループ以外の浦添グループ那覇グループの存続は…!?の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 大阪・ミナミで半グレの基礎を作り上げた男として一躍有名になった“半グレ”リーダーが、沖縄県警組織犯罪対策課に逮捕をされていたことが分かった。

 今月14日に沖縄県警組織犯罪対策課に労働基準法違反の疑いで逮捕されたのは、大阪から沖縄県・石垣島などに拠点を移し、飲食店などを経営していた山根真一容疑者(50)と、飲食店グループ“Chanグループ”役員の女ら男女3名だ。山根真一容疑者は桜を見る会などでの安倍首相夫人とのツーショット写真が問題となった人物でもあり、目立ちすぎる行動が警察を本気にさせたのかもしれない。

 捜査関係者の話によると、山根真一容疑者ら3人は、自身が経営する飲食店の従業員に対して、国が定めた最低賃金以下の時給で労働を強制。2018年秋ごろから今年春頃まで、被害者の30代男性に対し、経営する沖縄県那覇市内の飲食店の売り上げが減少していることに激高し、顔面を殴打するなどの暴行を加えた疑いが持たれている他、脅し文句で労働を強制させた労働基準法違反(強制労働の禁止)などの疑いが持たれているという。

 山根真一容疑者が沖縄県警組織犯罪対策課に逮捕されるのは、実に4回目のことである。

「沖縄県内には山根真一容疑者が率いる”山根グループ“のほかに、”浦添グループ“や”那覇グループ“など3つの”半グレ“グループがいます。いずれも警察庁から準暴力団に指定されていると言われています。その中の一つである”山根グループ“をここまで追い込んでいるのは、それを率いるリーダーの山根真一容疑者を微罪などで積み重ねて、これらの3グループを絶対に壊滅させようとする警察庁や沖縄県警の強い意志を感じます」(地元新聞社記者)

 事件のきっかけは、山根真一容疑者が今回の被害者男性に対する別の容疑で捜査を進めていたところ、本件が浮上し逮捕に踏み切った。

 警察は山根真一容疑者らの3人の認否は明らかにしていない。

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ