「アンジャッシュ」渡部建の性格の悪さを示すエピソードが続々…!? 今明かされる「LINEナンパ術」もヤバイ

関連キーワード:

,

,

,

,

「アンジャッシュ」渡部建の性格の悪さを示すエピソードが続々…!? 今明かされる「LINEナンパ術」もヤバイの画像1
画像は「J-WAVE」より引用

 複数の女性との不倫が週刊文春に報じられ活動自粛しているお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建は、芸能マスコミの期待を裏切って記者会見は開かず、不倫スクープした当の週刊文春にだけ独占インタビューを受けた。これは文春が持つ二の矢、三の矢を封印してもらう狙いがあったと見られるが、だからといってイメージダウンを抑えられているわけではなさそうだ。なにしろ芸能界では、これまでみんな見て見ぬ振りをしてきた渡部の“性格の悪さ”を口にするようになっているからだ。

 その中でも特に聞き逃せない話が、バラエティ番組を使った渡部の姑息な女性タレントへのナンパ方法だ。ある放送作家が明かす。

「彼は目当ての女性タレントがいると、LINEなどで事前に自分が話を振る内容やタイミングを教えておいて、 絶妙な切り返しを演出させるんです。そうすると女性の方はバラエティですごくうまくやっているように見えるから大喜び。これ自体は他にもやっている芸人がいるんですけど、渡部さんの御眼鏡に敵っていない女性タレントの場合は、台本にない話を振って戸惑ってしまったり、バラエティでうまくやれていない感じが出てしまっても平気なんです」

 つまりは、自分の好き嫌いで女性タレントへの扱いに差が出ているわけだ。当然、アゲられた女性タレントとは仲良くなるが、サゲられた方はたまったものではない。実は、まさにこれに思い当たる 実例がある。

 渡部が独身だった6年前、日本テレビのバラエティ番組「今夜くらべてみました」で、露骨におのののかを贔屓し、フリーの女子アナ ウンサー脊山麻理子を悪者にしたことがあった。

 番組では、渡部が脊山のプライベートVTRの内容にダメ出しをし たところ、脊山が「文句言われる筋合いない」とムキになって反論。そこで、おのが「渡部さんが喋っているときに話をかぶせるのは失礼」とフォローし 、番組上はまるで背山がダメなタレントで、おのが良識あるタレントに見えてしまうものだった。結果、翌日以降のネット上は「脊山は性格が悪い」の声が溢れる事態になったのだが、 当時の番組スタッフによると「番組上はそこまでの極端な展開は想定してなくて、渡部さんの采配だった」という。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ