【衝撃】14歳少女を5年間性奴隷に…幼児用下着を着せて強姦! ロリコン島・エプスタインの変態行為の詳細が続々!

【衝撃】14歳少女を5年間性奴隷に…幼児用下着を着せて強姦! ロリコン島・エプスタインの変態行為の詳細が続々!の画像1
ジェフリー・エプスタイン。画像は「The Sun」より引用

 リトル・セント・ジェームズ島(通称:ロリコン島)に世界中の政治家やセレブを招き、児童売春を斡旋していたロリコン大富豪ジェフリー・エプスタインが行っていた変態行為の一部が明らかになった。

 英紙「The Sun」(8月18日付)によると、エプスタインは被害者の1人に「幼児用下着」を着せて、性的に虐待していたことが裁判文書から明らかになったという。

 匿名の被害者ジェーン・ドゥさんがエプスタインと出会ったのは13歳の時。米ミシガン州のインターロッケン・アーツ・アカデミーのサマーキャンプに参加した際に、エプスタインは若い芸術家のパトロンだと主張し、ドゥさんの母親から電話番号を聞き出したという。数週間後にドゥさんはフロリダ州パームビーチにあるエプスタインの邸宅に招待され、数カ月にわたる“教育”が始まったそうだ。

 当初、エプスタインは自らをゴッドファーザーだと称し、ドゥさんを映画鑑賞やショッピングに連れていき、最近逮捕されたエプスタインの共犯者であり、少女たちのスカウト係兼教育係だったギレーヌ・マクスウェルも、ドゥさんに対し姉のように振舞うなど友好的な関係だったという。

 しかし、1994年末、エプスタインはドゥさんに着せる幼児用のコットンの下着を購入、ドゥさんへの性的虐待が始まった。この時、ドゥさんは処女を失ったという。ドゥさんはパームビーチの邸宅の他、エプスタインが所有するニューメキシコ州の牧場でも繰り返し性行為を強要され、性玩具も本人の意思に反して使用されたとのことだ。

 エプスタインはドゥさんに「セックスが良いものだと思わなければならない」、「処女の喪失を乗り越えなければならない」と話したという。

 さらに、エプスタインはその財力でドゥさんとその家族が経済的に自分に依存するような状態を作り。ドゥさんをエプスタインの所有するニューヨークの高級マンションに住まわせたという。1997年、そこでエプスタインはドゥさんに「ボーイフレンドはいるか?」と尋ねてから、強姦に及んだこともあるそうだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ