【衝撃】14歳少女を5年間性奴隷に…幼児用下着を着せて強姦! ロリコン島・エプスタインの変態行為の詳細が続々!

【衝撃】14歳少女を5年間性奴隷に…幼児用下着を着せて強姦! ロリコン島・エプスタインの変態行為の詳細が続々!の画像2
エプスタインとトランプ氏。画像は「The Sun」より引用

 ある日、ドゥさんは虐待から逃れるため、ロサンゼルスに引っ越したが、エプスタインは「自分に感謝していない。恩知らず」だとドゥさんを非難したという。

 またドゥさんは、マー・ア・ラゴで大統領になる前のドナルド・トランプ氏と会ったこともあると主張している。そこでエプスタインは「彼女は良いでしょう」とドゥさんをトランプ氏に紹介、トランプ氏は笑顔でうなずいたそうだ。

 5年間にわたってエプスタインから性的虐待を受けていたドゥさんは、いまも計り知れない苦痛を日々感じているという。今回、ドゥさんが訴訟を起こしたのも、彼女の苦しみの表れだろう。

 実はエプスタインのほぼ全ての被害者は遺産管理団体から補償を受ける代わりに、エプスタインの遺産やマクスウェルに対するあらゆる訴訟を却下することに同意している。そうした中、ドゥさんだけが補償の受け取りを拒否し、訴訟を行う決断をしたのである。

 今後の裁判で全ての真相が明らかになり、エプスタインとマクスウェルに正義の鉄槌が下されることを心より願いたい。

 

参考:「The Sun」、ほか

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ