「コロナはただの風邪」元都知事候補・平塚正幸の断言インタビュー! ノーマスク運動はキ●ガイ行為ではない!

「コロナはただの風邪」元都知事候補・平塚正幸の断言インタビュー! ノーマスク運動はキ●ガイ行為ではない!の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19、以下「新型コロナ」)の“第2波”と呼ぶべき感染の再拡大が続いている。「緊急事態宣言を再び発令するべき」という意見や、「PCR検査数が増えた影響だ」とする指摘など、さまざまな声が飛び交っているようだが、一つ確かなのは日本での死亡率が欧米と比べると低いという点だ。今回のコロナ禍における政治や社会の対応については、「緊急事態宣言と自粛の効果は限定的だった」「不安ばかり煽るのはメディアの偏向報道だ」という声も根強いのだ。

 そして、7月5日に行われた東京都知事選挙で「新型コロナはただの風邪!」「自粛もソーシャルディスタンスも必要ない! もっと団結して密になろう!」という主張を掲げて出馬した人物こそ、国民主権党代表の平塚正幸氏である。結果は落選となったが、平塚氏の積極的な啓蒙活動は現在も続いている。毎週土曜日に東京・渋谷駅前で「クラスターデモ」を主催し、同様の主張を持った有志たちを集めて街頭演説などを繰り広げているのだ。8月8日には、ノーマスクのデモ参加者が集団で山手線に乗り込み、その光景がYouTubeにアップされたことで世間を戦慄させている。今回、筆者は平塚氏の主張について詳しく探るため単独インタビューを敢行した。


■平塚氏が考える「不正選挙」の実態

「コロナはただの風邪」元都知事候補・平塚正幸の断言インタビュー! ノーマスク運動はキ●ガイ行為ではない!の画像2
平塚正幸氏

――よろしくお願いします。平塚さんが政治活動をするようになったきっかけはありますか?

平塚正幸氏(以下、平塚)  東日本大震災でメディアの報道に疑問を持ったことがきっかけです。賛否両論ありますが、当時はさまざまな隠蔽や偏向報道が行われていました。人工地震説の真偽についてはわかりませんが、メディアが真実を報道しないので何とかしたいと思ったのです。

――いわゆる“陰謀論”に目覚めたということですか?

平塚  陰謀論という括りで意識しているわけではなくて、ただ私は騙されない、騙されたくないだけです。物事を分析して、真実か嘘か見ています。

――たしかに、陰謀論という言葉自体が、政治やマスコミにとにかく懐疑的な人、というマイナスイメージ植え付けるために“真実を隠したい人々”が作り上げた陰謀ではないかと思う面もありますよね。

平塚  それから、私は2014年1月から政治活動を開始したのですが、その前年7月の参院選挙で不正が行われていないか有権者として投票箱を見張りに行っただけなのに、なぜか警察に取り抑えられたりもしました(笑)。ネットジャーナリストのリチャード・コシミズさんらが不正選挙を訴えていた時期です。

――実際に不正選挙はあるのでしょうか?

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ