【閲覧注意】史上最凶ドラッグ「クロコダイル」にハマった女の腕が超エグい! 骨が剥き出し、悪臭を放ち… 「人喰い薬物」の恐怖

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】史上最凶ドラッグ「クロコダイル」にハマった女の腕が超エグい! 骨が剥き出し、悪臭を放ち… 「人喰い薬物」の恐怖の画像1画像は、「MEDizzy」より

 ロシアでは2010年頃から、「クロコダイル」と呼ばれる合成麻薬が10~20代の若者を中心に急速に広まった。クロコダイルの正体は、1932年にロシュ社が開発したオピオイド系の鎮痛剤の一種「デソモルヒネ」である。モルヒネの8~10倍もの鎮痛・鎮静作用があるとされる。日本では、「麻薬及び向精神薬取締法」で定められた麻薬に指定され、規制対象となっている。

 ロシアでクロコダイルが流行した背景には、その原料となるコデインを容易に入手できるという事情がある。コデインは、医師の処方箋なしに薬局で買える一般的な咳止め薬で、数百円程度で買える。これにガソリンなどを混ぜ合わせてクロコダイルを作るのだが、特別な道具は不要で、家庭用の鍋やスプーンがあれば十分だという。ネット上には一時期、クロコダイルの作り方を解説するサイトがいくつもあり、個人がこれらのサイトを参考にして自宅でクロコダイルを密造していた。

 クロコダイルのリスクは強い依存性だけではない。原料となるガソリンに含まれる鉛や亜鉛などの不純物は人体に有毒である。また、製造に使われる道具は、使い回しされることが多く、しばしば他の有毒物質が混入する。こうして作られたクロコダイルは毒性が強く、静脈注射によって体内に取り込めば、血管に炎症を引き起こす。何度も使用し続けると、皮膚が糜爛(びらん)して変色し、ワニの皮のような状態になってしまう。「クロコダイル」という通称は、常習者の皮膚の状態に由来するとされる。常習者の血管は破壊され、内臓が蝕まれ、筋肉も壊疽し、高確率で死に至る。

 そんなクロコダイルの恐怖を実感させられる画像が医学メディア「MEDizzy」で公開された。女性の右腕の皮膚と筋肉が腐敗して失われ、骨がむき出しになっている。その骨も、手首の辺りで折れてしまったようだ。解説によると、クロコダイル常習者は、静脈注射の際に熱を感じるというが、そのうち注射した付近の腕が痛んだり、腫れが生じたりして病院に駆け込むという。数か月にわたって症状が悪化した患部は、最終的に悪臭を放ちながら壊疽してしまうのだ。

 このような悲惨な症状をもたらすクロコダイルは「人喰い薬物」とも呼ばれる。気軽に得られる快楽の代償はあまりにも大きい。決して手を出してはいけない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?