【閲覧注意】白目が完全消失して「眼球が真っ黒になる」眼腫瘍が怖すぎる! リアル「黒い目の子供たち(BEK)」か!?

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】白目が完全消失して「眼球が真っ黒になる」眼腫瘍が怖すぎる! リアル「黒い目の子供たち(BEK)」か!?の画像1画像は、「MEDizzy」より

 欧米に伝わる都市伝説に「黒い目の子ども(Black-Eyed Kids、BEK)」がある。BEKは6~16歳の子供の姿をしていて、眼球全体が真っ黒である。欧米には多くの目撃証言があり、これらの証言によると、BEKはその黒い目で人を驚かせて姿を消したり、家や車に入れてほしいと要求したりするという。

 さまざまな媒体で紹介され、映画化もされたBEKだが、その目撃談の真偽については現在も議論が続いている。もっとも、BEKに近い病気は実際に存在する。眼球の内側にあるぶどう膜(脈絡膜、虹彩、毛様体)にできる皮膚がんの一種「ぶどう膜悪性黒色腫」である。医学メディア「MEDizzy」に掲載された画像から、ぶどう膜悪性黒色腫患者(68)の眼球が文字通り完全な“真っ黒”であることを確認できる。眼球は光を知覚できず、軽い痛みがあるという。この患者は4年前、皮膚組織の一部にメラニンが過剰に沈着する「症状色素性病変」にかかっていた。

 ぶどう膜悪性黒色腫は毎年、約750人の英国人と2,500人のアメリカ人が患者として診断されるほど一般的ながんで、診断年齢の中央値は55歳である。症例の半数は通常、診断後10~15年でがんがが転移して全身に拡がり、特に肝臓に転移した患者は死に至ることが多い。眼球以外の部位の悪性黒色腫とは異なり、紫外線暴露が発症の要因となるわけではない。

 英サットン・コールドフィールドに住む女性、キャロル・プレーヤーさん(56)は、誤って目に香水をスプレーしてしまった後、ぶどう膜悪性黒色腫を発症した。キャロルさんの眼球は摘出され、医師からは「これ以上の治療は必要ない」と言われた。しかし、それから約5年間後の2019年11月、キャロルさんの肝臓にがんが転移していることが発覚した。

 キャロルさんのように、ぶどう膜悪性黒色腫を発症した患者の多くは、全身をがんに蝕まれ、死への恐怖に怯えながら生きることになるのだ。BEKの都市伝説は、ぶどう膜悪性黒色腫への恐怖から生まれたのかもしれない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?