【閲覧注意】白目が完全消失して「眼球が真っ黒になる」眼腫瘍が怖すぎる! リアル「黒い目の子供たち(BEK)」か!?

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】白目が完全消失して「眼球が真っ黒になる」眼腫瘍が怖すぎる! リアル「黒い目の子供たち(BEK)」か!?の画像1画像は、「MEDizzy」より

 欧米に伝わる都市伝説に「黒い目の子ども(Black-Eyed Kids、BEK)」がある。BEKは6~16歳の子供の姿をしていて、眼球全体が真っ黒である。欧米には多くの目撃証言があり、これらの証言によると、BEKはその黒い目で人を驚かせて姿を消したり、家や車に入れてほしいと要求したりするという。

 さまざまな媒体で紹介され、映画化もされたBEKだが、その目撃談の真偽については現在も議論が続いている。もっとも、BEKに近い病気は実際に存在する。眼球の内側にあるぶどう膜(脈絡膜、虹彩、毛様体)にできる皮膚がんの一種「ぶどう膜悪性黒色腫」である。医学メディア「MEDizzy」に掲載された画像から、ぶどう膜悪性黒色腫患者(68)の眼球が文字通り完全な“真っ黒”であることを確認できる。眼球は光を知覚できず、軽い痛みがあるという。この患者は4年前、皮膚組織の一部にメラニンが過剰に沈着する「症状色素性病変」にかかっていた。

 ぶどう膜悪性黒色腫は毎年、約750人の英国人と2,500人のアメリカ人が患者として診断されるほど一般的ながんで、診断年齢の中央値は55歳である。症例の半数は通常、診断後10~15年でがんがが転移して全身に拡がり、特に肝臓に転移した患者は死に至ることが多い。眼球以外の部位の悪性黒色腫とは異なり、紫外線暴露が発症の要因となるわけではない。

 英サットン・コールドフィールドに住む女性、キャロル・プレーヤーさん(56)は、誤って目に香水をスプレーしてしまった後、ぶどう膜悪性黒色腫を発症した。キャロルさんの眼球は摘出され、医師からは「これ以上の治療は必要ない」と言われた。しかし、それから約5年間後の2019年11月、キャロルさんの肝臓にがんが転移していることが発覚した。

 キャロルさんのように、ぶどう膜悪性黒色腫を発症した患者の多くは、全身をがんに蝕まれ、死への恐怖に怯えながら生きることになるのだ。BEKの都市伝説は、ぶどう膜悪性黒色腫への恐怖から生まれたのかもしれない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載

ロシアで相次ぐオリガルヒ怪死の真相とは? 「グレート・ナラティブ」到来か、ジェームズ斉藤が明かす超機密情報

ロシアで相次ぐオリガルヒ怪死の真相とは? 「グレート・ナラティブ」到来か、ジェームズ斉藤が明かす超機密情報

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.05.27 17:30海外
露がウクライナに宣戦布告できない事情とは? 米が得た利益、英の謀略も… ジェームズ斉藤が闇を完全暴露!

露がウクライナに宣戦布告できない事情とは? 米が得た利益、英の謀略も… ジェームズ斉藤が闇を完全暴露!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.05.26 19:30海外
【閲覧注意】日本一鮮明な激ヤバ心霊写真を入手! “幽霊の指導者”とエクソシストが…

【閲覧注意】日本一鮮明な激ヤバ心霊写真を入手! “幽霊の指導者”とエクソシストが…

100%幽霊が出る心霊スポットとして現在TVやネットで話題沸騰中の俳優レッ...

2022.05.13 18:00異次元
矢沢永吉に「優しく2回叩かれた」カメラマンに奇跡が連発! 超人的パワーを物語る4つの事件とは!?

矢沢永吉に「優しく2回叩かれた」カメラマンに奇跡が連発! 超人的パワーを物語る4つの事件とは!?

――数々の伝説的芸能人と交流し、知られざる姿を目撃してきたカメラマン「YAHIM...

2022.05.08 09:00異次元
5月病を吹き飛ばす最先端波動アイテムを徹底取材! 自宅をパワースポット化で奇跡連発、原子を調整する若返りペンダント…!

5月病を吹き飛ばす最先端波動アイテムを徹底取材! 自宅をパワースポット化で奇跡連発、原子を調整する若返りペンダント…!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.05.20 15:00異次元

【閲覧注意】白目が完全消失して「眼球が真っ黒になる」眼腫瘍が怖すぎる! リアル「黒い目の子供たち(BEK)」か!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル