絶え間なく繰り返される夫婦交歓セックス…! 「全員が他人じゃない」集落の“和”を保つ伝統的スワッピングの実態=中部地方

絶え間なく繰り返される夫婦交歓セックス…! 「全員が他人じゃない」集落の和を保つ伝統的スワッピングの実態=中部地方の画像2
画像は「ゲッティイメージズ」より引用

 パートナーとのマンネリ打破のためなのか、はたまた、“隣の芝”を間近で見てみたいという素朴な好奇心に基づいた劣情ゆえか、各家庭の夫婦たちが数日おきに互いの家を往来しつつ、かりそめの夫婦生活を送るシステムが構築されていたという当地。小宮山さんによれば、「子作り(※中出し)禁止」という以外は、ほとんどルールらしいルールもなく、当事者たちの思うがままにプレイを満喫していたというが、村全体がこのような有り様で、地域コミュニティとしての機能は成立するのだろうか。

 

「いやいや、円満そのものだったよ。なにせみんなが“他人”じゃないんだもの(笑)。そういう意味じゃね、村人同士のいさかいごとをなくして、“和”を保つ上でも有意義なことだったんじゃないかな」

 

 村人同士の関係を絶えず良好に保つ上でも役立っていたという、当地におけるこの夫婦交換。なにかにつけてギスギスし、ご近所トラブルもしばしば発生しがちな現代社会においても、ひょっとしたら一度くらいは試してみても良い方策なのかもしれない。


●戸叶和男の記事一覧はコチラ

文・取材=戸叶和男

●戸叶和男の記事一覧はコチラ

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ