【連続在任最長】Go toで恩恵を受けた業者の中に安倍首相に近い存在!? “辞任Xデー”到来に戦々恐々の「安倍トモ」全暴露!

関連キーワード:

,

,

,

【連続在任最長】Go toで恩恵を受けた業者の中に安倍首相に近い存在!? 辞任Xデー到来に戦々恐々の「安倍トモ」全暴露!の画像1
安倍晋三(Wikipedia)より引用

 憲政史上最長の政権を率いる宰相の異変が、永田町に風雲急を告げている。24日に第2次政権発足後の連続在任期間が2799日となり、それまでトップだった佐藤栄作元首相の在任期間(2798日)を超えて歴代最長となった安倍晋三首相。まれに見る長期政権を築いた安倍首相周辺が騒がしくなったのは先週のことだった。

「安倍首相は、17日に主治医のいる東京・信濃町の慶応大学病院に来院しました。約7時間半にわたって滞在したのですが、かねてから健康不安が囁かれていたこともあり、『首相を辞任し、そのまま入院するのではないか』との憶測が飛び交ったのです」(週刊誌デスク)

 テレビ局や新聞社の政治部記者らの間で「首相辞任」の目算が強くなり、その「Xデー」とされたのが、24日だった。在任記録を塗り替える節目を迎えた段階で退任を発表するとの見方が広がったのだ。首相周辺がにわかに騒がしくなるなか、解散総選挙に向けて浮き足立つ地方議員も現れ始めた。

「10月の解散総選挙の可能性が指摘されています。すでに地元に戻って選挙の準備に入っている議員もいるようです。一方で、これまで安倍政権下でわが世の春を謳歌してきた『お友達』の中には、政権終焉後の“粛正”に戦々恐々としている者たちもいるようです」(同)

 実際、首相周辺では不穏な動きが続いている。今月には、東京地検特捜部が昨年末から捜査を続けている「IR疑獄」に絡み、中国のカジノ企業からの贈賄の疑いで逮捕された秋元司衆院議員に証人買収への関与疑惑が持ち上がった。秋元氏は安倍政権を支えてきた二階俊博幹事長の側近として知られており、今後の捜査の進展に注目が集まっている。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ