【訃報】火星で「エイリアンの遺体」が発見される! 専門家「苦しんで死んだ…」巨大な頭を持つ異様な姿

 火星にはかつてエイリアンがいたと一部では根強く囁かれているが、ついにその決定的証拠が見つかったかもしれない。NASAの火星探査機が撮影した画像の中に、エイリアンの化石が写り込んでいたというのである。英「Express」(8月20日付)が報じた。

‘Alien fossil’ spotted on Mars in bizarre conspiracy theory – ‘It died in pain’ (Express)

画像は「UFO Sightings Daily」より引用


 「エイリアンの遺体が岩に引っかかり、化石化しているのを見つけました」

 衝撃的な発見を自身のウェブサイト「UFO Sightings Daily」に掲載したのは、トカナでもおなじみ、世界的エイリアンハンターにしてUFO研究家のスコット・ウェアリング氏である。ウェアリング氏はNASAの火星探査機キュリオシティが撮影した画像の中に、エイリアンの化石を見つけたと主張している。

画像は「UFO Sightings Daily」より引用

 発見されたエイリアンは、周囲の岩から推定するに17〜18センチと非常に小柄ながら、両手両足と巨大な頭を持つ異様な姿をしている、とウェアリング氏は解説する。手足に指は見えないが、もしかすると服で隠れているのかもしれない。また、その頭部には細長い眼窩と二本の出っ歯が生えた口があり、その表情は笑っているようにも見える。しかし、ウェアリング氏はその死の状況は非常に恐ろしいものだったのではないかと推測している。

【訃報】火星で「エイリアンの遺体」が発見される! 専門家「苦しんで死んだ…」巨大な頭を持つ異様な姿のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで