最高の快感を得る「ネオ・タントラセックス」が物議! 性的エネルギー開放、指先から波動…しかし問題点が!

 最高の快感を得ることができるとして、欧米を中心に人気を博しているのがタントラセックスである。セックスを通じて体内の性的エネルギーを「解放」することで、悟りやマインドフルネスを得られるともいわれ、多数の団体や個人によるタントラセックスのセラピーやセミナーが頻繁に行われている一方、様々な批判も寄せられている。Netflixの新番組がきっかけでタントラセックスが改めて物議を醸していると、ニュースサイト「Insider」(8月14日付)が報じた。

How tantric sex trains people to have more intense orgasms, and why it’s so controversial (Insider)

最高の快感を得る「ネオ・タントラセックス」が物議! 性的エネルギー開放、指先から波動…しかし問題点が!の画像1
画像は「Insider」より引用

■タントラセックスヒーリング

 メキシコを中心に活動しているサーシャ・コブラさんは、タントラセックスのトレーナーであり、エネルギーヒーラーを自称している。彼女はタントラセックスで「全身の性的絶頂」を感じることができるといい、「健康のための性的絶頂」についてカウンセリングやオンライン講義を行なっている。

 サーシャさんの活動の一端は、Netflixで配信中のドキュメンタリー『(un) well』(日本語版タイトル『ウェルネス/アンウェルネス -その真偽を問う-』)の第2話で見ることができる。夫婦関係に悩むカップルの相談を受けた彼女は、夫婦の問題を洗い出し、わだかまりを解消するためのアドバイスを授け、夫と妻それぞれに体の“つまり”を取って、性的エネルギーを解放させる「治療」を行う。

最高の快感を得る「ネオ・タントラセックス」が物議! 性的エネルギー開放、指先から波動…しかし問題点が!の画像2
画像は「Insider」より引用

 裸でベッドに横たわる夫に、サーシャさんは手をかざしたり軽く触れたりする。サーシャさんが言うには、その手からは「エネルギー」が発せられており、夫の方もそれを感じて獣のようにうめき声を上げる。施術後、彼は「指先からエネルギーの火花が散っているのが見えなかったか?」と冗談を言うほど上機嫌になっていた。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ