8月30日は「三菱重工爆破事件」が起こった日! 東アジア反日武装戦線「狼」による無差別爆弾テロ

8月30日は「三菱重工爆破事件」が起こった日! 東アジア反日武装戦線「狼」による無差別爆弾テロの画像1
画像は「NHK アーカイブス」より

 1974年8月30日は、東京都千代田区丸の内の三菱重工業東京本社ビル(現丸の内二丁目ビル)で、東アジア反日武装戦線「狼」による無差別爆弾テロ「三菱重工爆破事件」が起こった日である。

 事件当時、同ビルの1階出入り口にあったフラワーポット側に仕掛けられた時限爆弾が爆発。玄関ロビー部分が大破し爆発の衝撃で窓ガラスが飛散した。

 この爆発によりビル内にいた社員や通行人が巻き込まれ、8人が死亡、376人の負傷者を出した。

 犯人である「狼」のメンバー4人は1975年に一斉逮捕され、大道寺将司、益永利明は死刑が確定。

 しかし、日本赤軍の起こしたクアラルンプール事件で佐々木規夫、ダッカ日航機ハイジャック事件で大道寺あや子が超法規的措置で釈放され現在も逃亡中となっている。

<8月30日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ