9月18日はハリウッド女優ペグ・エントウィッスルが飛び降り自殺した日! ハリウッドサインの「H」から身を投げ…

(Wikipedia Peg Entwistleより使用。Pubulic Domain)

『1970年代のハリウッドサインと1931年のペグ・エントウィッスル』

 1932年9月18日は、ウェールズ出身の女優のペグ・エントウィッスルがハリウッドサインの“H”から飛び降り自殺の末に死んだ日である。


 若くからブロードウェイで活躍したエントウィッスルは、その演技力もあってハリウッド映画にも進出し、1932年公開の『Thirteen Women』に出演したが、その公開約1カ月前に死亡した。


 18日にはその遺体と遺書が見つかり、恐らくは16日に死んだと推測されるものの、18日が死亡日として報道された。


 彼女はハリウッドサインのあるカリフォルニア州ロサンゼルスのリー山へと向かい、作業用のはしごを使って「H」の上へとひとりで登り、飛び降り自殺を遂げたといわれている。


 遺書にはP.E名義で「全てにお詫びします。もっと早くに自殺をすれば〜」と長年抱えていた今ひとつ売れない女優としての苦悩を懺悔する内容が書かれていた。


 ハリウッドに進出したばかりの若手女優がその苦悩の末にハリウッドの文字の上から飛び降り自殺する——これほどにドラマチックなストーリーは映画のようでしかないが、それは現実となった。


 しかし、その物語の最後には、彼女の最後の出演作『Thirteen Women』がヒットすることはなかったという、冷酷な結末だけが待っていた。


 近年、その小さな不幸のドラマが発見され、facebook経由で募金が集まり、彼女の墓碑銘が刻まれるという出来事があったが、果たして、その再発見をもって彼女の“孤独な人生”は報われたといえるのだろうか?

 

<9月18日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

<第6回 春日武彦→末井昭> ■■■■■猫嫌い■■■■■ ...

9月18日はハリウッド女優ペグ・エントウィッスルが飛び降り自殺した日! ハリウッドサインの「H」から身を投げ…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル