9月22日は陸軍軍人・横井庄一さんが亡くなった日! 「恥ずかしながら帰ってまいりました」敗戦を知らず27年間ジャングルで生存…

(Wikipedia 横井昭一より使用。Public Domain)

『日本陸軍軍曹の時の横井昭一』

 1997年9月22日は、アメリカとの太平洋戦争のグァムの戦いに日本帝国陸軍軍曹として参加し、日本の敗戦を知らぬまま終戦後27年間を彼の地のジャングルで生き延びた横井庄一庄一が死亡した日である。


 帰国後の会見で使った言葉を要約した「恥ずかしながら帰ってまいりました」は当時の流行語となり、NHKテレビ放送の報道特別番組『横井庄一さん帰る』は、59.8パーセントという日本の放送史上屈指の高視聴率を記録した。


 戦争の爪痕、その復興の歩みを指して“戦後はまだ終わっていない”という表現があるが、横井の場合、ひとり戦争すら終えることもないまま1972年までが過ぎ去っていたのである。


 その後、同様にフィリピンの密林から1974年に帰国した小野田寛郎陸軍少尉の事件も発生し、実際に起こりえる物語であったことが知られることになる。


 しかし、横井の人生が数奇である意味に於いて魅力的なものであることは帰国後の横井氏のが各メディアで引っ張りだことなったことでもよくわかる。


 戦争という《不幸》が引き起こした、極めてやりきれないエピローグとして、その物語は、これからも永遠に語られ続けるであろう。

 

<9月22日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ