9月24日は俳優・丹波哲郎が死亡した日! 「俺は死ぬのが楽しみでしょうがない」最期まで死後の世界を信じて疑わず

9月24日は俳優・丹波哲郎が死亡した日! 「俺は死ぬのが楽しみでしょうがない」最期まで死後の世界を信じて疑わずの画像1
(写真はDVD『丹波哲郎の大霊界 死んだらどうなる』販売=エスピーオーより)

『DVD「丹波哲郎の大霊界 死んだらどうなる」(1989年/主演・原作・脚本=丹波哲郎)』

 2006年9月24日は、1967年のイギリス映画『007は二度死ぬ』にも出演するなど、国際的にも活躍した俳優、丹波哲郎が死亡した日である。


 その長いキャリアにおいて数多くの映画・ドラマに出演し、特に総理大臣役などの重厚な役割を数多く務めた大俳優であった。


 また、晩年は、若かりし頃から密かに研究していたスピリチュアルの分野に進出、死後の世界《大霊界》を世に知らしめる活動に重きを置き、1980年頃からはベストセラーを含み数多くの大霊界関係の書籍を出版した。


 その勢いで1989年から映画化された『大霊界』は全3作であったが、世間の懐疑的な目もあり、思うようなヒットを収めることはできなかった。


 しかし、丹波は死の間際まで第4作目、『最期の大霊界』の脚本を推敲し続け、私財を投じてのその撮影に意欲を燃やしていたという。


 結果的にその実現とはならなかったが、日本人俳優として誰よりも多くの現場を見てきた大俳優が、死後の世界を信じて疑わなかったことは事実である。


 未完成に終わった『最期の大霊界』の脚本に携わった監督、ダーティー工藤曰く、

「俺は死ぬのが楽しみでしょうがない。向こう行ったら楽しいことが山ほどあるんだ」

 最晩年の丹波哲郎はそう言って死んでいったのだという。

 

<9月24日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ