「稲川淳二が僕の一番の恩人」テリー伊藤が語った“稲川エピソード”が熱すぎる! インチキ霊媒師に対して仰天の行動が…

●高樹沙耶さんが大麻についてガンガン喋ってるのは知っている。

 高樹沙耶さんって、いまもネットなんかで大麻についてガンガン発言しているのは知っている。トカナで連載をしているんだってね。

 大麻で逮捕された後、『爆報フライデー』って番組が、石垣島の宿泊施設をやっている高樹さんを取材して、スタジオで見たことがあるんだよ。そうなの、執行猶予切れたんだね。よかったね。

 高樹さん、いろいろ言いたいことはあるだろうね。でも、やっぱり日本じゃ大麻は違法だからね。そこをクリアしたうえで、言いたいことは遠慮することないよ。どんどん発言したら良いんだよ。
高樹さんは、そうか56歳か。今回の本のテーマの「老後論」には全然早いんだけど、遠慮することなく自分の生き方をしているという点は重なるよね。

 まだまだ人生はこれから。海外にはいろんな法律の国もあるし、大麻に関してもいろんな意見もあるんでしょう。

 そうしたことを、トレンディドラマの高樹沙耶が伝えていく役やっているっていうのも――なんか面白いよね。どんどんやったらいいと思う。大麻を、じゃないよ。言論活動をだよ(笑)

 人生を、誰に遠慮することなく楽しく自由に生きよう――。それは年齢に縛られることではない。

『老後論 この期に及んでまだ幸せになりたいか?』 タイトルは老後論だけど、年齢は関係ない。生きているすべての人のための本だ

画像は「Amazon」より引用

文=石丸元章

◎石丸元章(いしまる・げんしょう)

1965年8月9日、千葉県生まれ。作家、ライター。高校在学中にライターデビュー、人面犬ブームの仕掛け人。著書に『スピード』『アフター・スピード 留置場→拘置所→裁判所』『平壌ハイ』『神風』(すべて、文春文庫)など多数。近作に『聖パウラ』(東京キララ社「ヴァイナル文學選書 第一弾」)

Twitter: @chemical999

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ