「美意識が高い」Qアノン陰謀論者がインスタで爆増中! 検索してはいけない小児性愛ハッシュタグ「#WWG1WWGA」とは!?

 気づいても気づかないにしても、現在の我々の周囲には“陰謀論”が渦巻いているが、事態はさらに厄介な状況を迎えているようだ。“美意識の高い”女性インスタグラマーが優雅に陰謀論を拡散しているというのだ。

■美容系“カリスマ”インスタグラマーが無自覚にQアノン支持に

 “インスタ映え”が2017年の流行語大賞に選ばれるなど、社会に急激に浸透したインスタグラムだが、ほかのSNSと一線を画しているのは、美意識高めの写真を投稿する女性のカリスマインスタグラマーが多くの支持を集めている点にあるだろう。彼女たちの充実した優雅でセレブな生活の一面を切り取った写真の数々は、まるで映画のワンシーンのように“映え”ている。

 そうした彼女たちに気になる動きが見られるという。彼女らの投稿に陰謀論を唱える極右グループ「Qアノン」に賛同するハッシュタグをつける行為が目立ってきているのだ。

「美意識が高い」Qアノン陰謀論者がインスタで爆増中! 検索してはいけない小児性愛ハッシュタグ「#WWG1」とは!?の画像1
「The Atlantic」の記事より

 Qアノンは匿名の愛国者集団で、“ディープステート”との全面戦争に取り組むトランプ大統領を強力に支持し、エリートの間にはびこる小児性愛者グループの撲滅を支援している。ネットの書き込みには合言葉であるハッシュタグ「#WWG1WGA」「#WWG1WWGA」「#WWG1」がつけられることが多い。

 #WWG1WGAとは「where we go one we go all」の略で「我々がひとつになる場所に、我々は皆行く」 となるが、「我々のゴールはひとつだ、一致団結して進んでいこう!」というような意味合いだ。そして最近、カリスマインスタグラマーの間でこのハッシュタグをつける投稿が目につくようになっている。

 米ユタ州在住の5万人のフォロワーを持つファッション、美容、子育てジャンルのカリスマインスタグラマー、ジェイリン・シュローダーもまた#WWG1WGAをつけて投稿している。Qアノンが言及しているグローバルな児童人身売買ネットワークを知った彼女は、小児性愛者グループの撲滅に賛同し14分もの動画を投稿した。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ